ファクタリングによる売掛金現金化での資金調達

会社経営者・事業主の方こんなお悩みはありませんか?

ファクタリングによる資金調達

 

  • まとまった売り上げがあるが支払いサイトが長い
  • 運転資金がショートしてしまい次回の受注が困難
  • 今は銀行から融資を受けることができない
  • 資金調達をする方法がみつからない
  • もう少しまとまったお金があれば売り上げを伸ばせる

事業を経営するというのは個人だけで営む個人事業もあれば、多数の社員を抱える企業もあり規模はそれぞれ異なってくるものです。

もちろん事業を運営していく上で人材は必要不可欠な存在ですが、それよりも事業を経営していく中で重要となるのがお金なのではないでしょうか?

経営する会社自体は順調に利益を上げていたとしても、金融機関の貸し渋りや取引先の入金ずれといったアクシデントが起きることも全くないわけではありません。

そして企業の運転資金というのは個人と比較するとある程度まとまった金額が必要となるため、すぐにかき集められる数字ではないのです。

会社の事業資金を工面する手段というのはいくつかありますが、どの方法がもっとも効率的に資金調達することができるのでしょうか?

会社の信頼度や経営者の人脈などによってそれぞれ内容は異なってきますが、どの会社でももっともスピーディーに資金繰りができる方法として『ファクタリングサービス』があるのです。

今はまだ多くの事業主の方がこのファクタリングサービスを利用された経験はないと思いますが、このファクタリングによる資金調達について手続きの流れやサービスの詳細内容などを解説していきますので興味のある事業主の方は参考にしていただければと思います。

資金繰りの悩みをスピード解決できるファクタリングサービス

ファクタリングサービスの利便性

中小企業や個人で経営している事業主にとって「運転資金」というのは非常に重要な存在であることは間違いありません。

大企業であれば銀行や公的機関からの融資はそこまで難しいことではありませんが、零細企業にとって銀行などの審査は簡単なものではなく、ノンバンクなどから借り入れに頼るしかないのです。

そんな中小企業でも効率的にお金を工面する方法として売掛債権の買取となるファクタリングサービスがあり、多くの会社経営者は活用しています。

事業というのは必ずどこからかの収益があり、それによって

  • 人件費
  • 材料の仕入れ代金
  • 下請け企業への支払
  • 電話料金・光熱費
  • 広告費

を支払いしているのです。

この収益となる売り上げもいくつかの種類がありますが、業種によっては取引先からの入金が数ヵ月後になることもあります。

当然ながら企業で働く社員やアルバイトの給料は毎月支払うことになり、売掛債権が大きくなれば事業資金が厳しくなっていくことになるでしょう。

そんな数ヶ月先となる売掛債権をスピーディーに即現金化することができるのがファクタリングサービスなのです。

事業を運営するための資金調達方法としては金融機関からの融資が一般的ですが、ファクタリングはお金を借りるのではなく売掛債権を買い取ることによって最短で即日現金化することができます。

したがって「どうしても今週中に材料を仕入れなければならない」といった急場の資金繰りでもファクタリングサービスを利用することによってキャッシュフローを円滑に進めることができるのです。

お金を借りない売掛債権を現金化できるファクタリングとは?

ファクタリングによる売掛債権現金化

どのような業種の企業にとっても事業を営んでいく上での運転資金・事業資金というのは必ず必要になってくることは間違いありません。

事業資金を工面する方法としてもっとも多く活用されているのは銀行などの金融機関からの融資であり、中小企業だけでなく上場企業でも当然、銀行融資を受けています。

もちろん会社の運転資金を銀行融資によって借りることができればそれに越したことはありませんが、銀行融資は

  • 審査が厳しい
  • 融資が実行されるまで数週間の期間が必要となる
  • 提出する必要書類が多い

といったように金融機関からの融資は急な資金ショートには柔軟に対応することはできないのです。

そこで銀行融資のように審査は厳しくなく、最短即日で資金調達することができるのがファクタリングサービスなのです。

このファクタリングという資金調達方法というのは貸金業者からお金を借りる方法ではありません。

支払期日まで数ヶ月ある売掛債権をファクターが買い取ることによって現金化するサービスであり、赤字決算でも税金滞納でも事業資金を調達することができるのです。

街中にある個人経営となるラーメン屋や喫茶店といった飲食店の場合、「現金商売」となるため売掛債権はありません。

しかしBtoBと呼ばれる企業間取引となる業種の場合、売掛債権がその日に現金払いされるのではなく、支払期日が数ヶ月後となることもあるのです。

そんな数ヵ月後の売掛金を譲渡することによって現金化できるファクタリングは今、多くの中小企業にとって事業資金の調達方法として活用されています。

もちろん業種によって内容は異なっておりますが、

  • 介護報酬
  • 診療報酬
  • 調剤報酬
  • 家賃収入
  • クレジットカード債権
  • 商品在庫
  • 請求書

といったように様々なジャンルのビジネスでファクタリングサービスは活躍しているのです。

今すぐいくら資金調達できるのか知りたい方はコチラから

ファクタリング無料診断

売掛債権即日現金化で失敗しないためのファクタリングの4つのポイント

ファクタリングの4つのポイント

ファクタリングを初めて利用される初心者の方にとってはこの売掛金を現金化することができるサービスに魅力を感じている方は少なくないでしょう。

しかしこのファクタリングには悪質な業者も存在しており、さまざまなトラブル事例も少なくありません。

そのためにファクタリングに関する基礎知識としての4つのポイントを踏まえた上で、より良いファクタリングサービスを利用しましょう。

  1. ファクタリング初心者向けのノウハウ
  2. 悪質なファクタリング会社の手口
  3. ファクタリングに関する法律について
  4. 安心して現金化できる優良サイトの見極め方

ファクタリングには違法な悪質業者も潜んでいる!

ファクタリング悪徳業者

ファクタリングは事業資金を工面する際にとても便利なサービスとなり、多数の中小企業の経営者は計画的にファクタリングによって売掛債権を現金化しています。

このファクタリングサービスは売掛債権の買取であり、事業向けの融資のような貸金業ではありません。

しかし実質的には売掛債権を担保に借り入れをしているのと同じようにも感じられるでしょう。

そのためこれまで無許可で事業資金融資を行っていたヤミ金融がファクリングに鞍替えするところもあり高額な手数料が徴収されるのです。

最近ではそんなファクタリングを装った実質的なヤミ金融が逮捕されています。

正規の企業が運営するファクタリングサービスは売掛代金を買い取り債権を回収するだけのシンプルな内容ですが、悪質なファクタリング業者では担保となる債権の金額の50%を手数料として徴収し、返済ができない債務者には「ジャンプ」という手口で元金返済を先延ばしにし手数料だけを支払わせていました。

つまりファクタリング名目で金銭の貸付を行い手数料と称し違法な金利をむしり取られることになるのです。

そんな違法な悪徳ファクリング業者の被害に遭わないためにも正しい知識を身につけ、効率的に売掛債権を現金化し資金調達をしましょう。

売掛債権現金化は経済産業省も推奨している有効な資金調達方法

 経済産業省中小企業庁では、中小企業者が不動産担保に過度に依存せずに資金調達ができるよう、売掛債権担保融資保証制度を創設し、普及を進めています。売掛債権担保融資保証制度は、売掛債権を担保とした中小企業者の借入について信用保証協会が保証を行うものです。売掛先の事業者の方には、以下のご協力をお願いします。

<風評被害の防止>

・売掛債権の利用について、売掛先(取引先)等から資金繰りが厳しいのかと言われ、利用により風評被害が発生することが心配、との声が聞かれます。
・売掛債権の利用促進は国の施策です。本制度の普及、利用促進にご協力下さい。

<債権譲渡禁止特約の解除>

・本保証制度の利用に当たり、取引にかかる契約に売掛債権の譲渡を禁止する特約がついていると、中小企業者は売掛債権を担保として譲渡し、融資を受けることができません。
・国や地方公共団体では、既に、債権譲渡禁止特約の解除を進めています。
・中小企業者との物品及びサービスの取引に当たり、債権譲渡禁止特約の解除にご協力下さい。

このように経済産業省でも中小企業による事業資金調達方法として不動産担保融資だけではなく売掛債権の利用促進を促しています。

ファクタリングとそれ以外の資金調達方法を比較

事業資金を工面する方法というのはいくつかあり、ニーズに合った方法を選ぶことが重要といえるでしょう。

もちろん親族や知人などから無担保・無利子で融通してもらえるのであればそれに越したことはありませんが、このご時世なかなかある程度まとまった金額をすぐに借りることな容易ではありません。

では個人ではなく会社や企業がどのような方法で資金調達することができるのか比較していきます。

スピード 金利・手数料 限度額 保証人 担保
ファクタリング 最短即日~3日 1%~30% 無制限 不要 不要
売掛債権担保融資 2週間程度 5%~10% ~1000万 不要 必要
銀行融資 1ヶ月程度 1%~5% ~1000万 必要 必要
ノンバンク融資 最短3日 10%~15% 10万~300万 不要 不要

個人での資金繰りでもそうですが公的な金融機関や銀行と比較すると、消費者金融での借り入れは高い金利となるため好ましくはありません。

そのため事業資金も同様に銀行融資を受けることができればロスとなる金利は安く資金を調達することができるのですが、担保や保証人が必要となり簡単に事業資金を用意することはできないのです。

したがってノンバンクからの融資や売掛債権を担保にお金を借りることになるのですが、それらと比較するとやはりファクタリングが効率的といえるでしょう。

最短即日で債権を現金化することが可能で限度額も債権額に応じることになるので数千万円単位の資金も工面することができるのです。

まとまった売掛債権がない企業はファクタリングできない

ファクタリングサービスは取引先の売掛債権を買い取ることによって即日現金化するサービスとなります。

したがって飲食店や小売業というのは売掛債権ではなく、日銭商売となるためまとまった債権はないためファクタリングを利用することはできません。

そういった企業はどのように急場の資金繰りを乗り越えることができるのかといいますと、やはり事業主向けの融資を利用するしかないでしょう。

そんな中小企業の利用者はファクタリングではなく貸金業者からの融資となるビジネスローンなら資金調達することが可能です。