赤字決済やリスケジュール中といった銀行の融資を受けることが困難な中小企業が資金調達をできる方法としてファクタリングサービスがあります。

確かにお金を借りることができない中小企業にとって売掛金を現金化できるファクタリングは魅力的なサービスですが、そんなファクタリングを装った悪徳業者も少なくありません。

数年前までは手形や小切手を担保に違法な金利で融資を行うヤミ金融が数多く存在しましたが、手形や小切手が減少したことによってファクタリングに移行した元ヤミ金融業者もいるのです。

つまりお金に困った事業主を相手に手形・小切手の代わりにファクタリングを謳って法外な手数料を貸し付けており、悪質なファクタリング業者を利用した企業は返済に苦しむことになります。

そんな悪質なファクタリング業者の手口のひとつに本来は売掛債権の売買に必ず必要となる売買契約書を交わすことなくファクタリングを行う手口があるのです。

ではこの契約書を交わさないファクタリング業者の実態とはそのような内容なのでしょうか?

正規の2社間ファクタリングでの契約

正規のファクタリング契約

ある程度の年商がある企業であれば銀行などの金融機関から融資を受けることは難しくないでしょう。

しかしながら全ての企業が順調に利益を計上しているわけではなく、金融機関からの融資の審査は難しいところも少なくありません。

そういった中小企業や個人事業主が銀行融資以外の資金調達する方法として民間のファクタリング会社があるのです。

基本的に民間ファクタリング会社の多くは2社間ファクタリングをメインとしており3社間は取り扱っていません。

金融機関や大手のファクターとは異なり民間による2社間ファクタリングの特長として

  • 2社間でのファクタリング契約では取引先に知られることはない
  • 少額の売掛金でも現金化可能
  • 審査はファクタリング会社ごとになるので比較的通りやすい
  • 3社間よりも手数料が高い
  • 最短即日で現金化可能なところもある

といった内容のサービスとなります。

この2社間ファクタリングでは債権譲渡通知書を取引先に送ることはありませんが、債権譲渡登記を留保することも可能です。

しかし必ず売掛債権売買によるファクタリング契約は行われることになりますが、悪質な業者の場合には契約書なしにファクタリングが行われるケースもあります。

契約書のないファクタリング業者の手口

悪質なファクタリング業者の手口

生活資金にすら困っていたところあるファクタリング会社からFAXによる勧誘がありました。以前から金融会社や不動産関係などの営業のFAXはよく届いていましたが、気にすることはなくゴミ箱に捨てていたのですがその時には「売掛金の即日現金化」という言葉に非常に魅力を感じたのです。

来月の末に取引先から支払われる予定の150万円の売掛金があり、それを早期に現金化することができれば今の状況から脱出することができます。

そんな直感からすぐにそのファクタリング会社に申し込みをしました。

するとまず初めにファクタリングに必要な書類を準備するように指示され、急いで取引先との契約書や印鑑証明などを揃えファクタリング会社の担当スタッフが来るのを待ちました。

そして会社に来た担当者はちょっと普通のサラリーマンとは思えないような派手なスーツで怪しい金融業者のような風貌だったのです。

売掛先からの入金の通帳や請求書などの確認が完了するとすぐに契約書に署名捺印し現金が手渡されました。

ところが本来であれば渡されるはずの契約書はなく、支払期日には間違いなく返済するよう伝えられただけで売掛金額の3割が差し引かれた金額だったのです。

私は現金を受け取っただけでファクタリングを契約した証明をするものは何もありません。

まるで1ヶ月で30%の高金利のヤミ金融からお金を借りてしまったような気分です。

悪質なファクタリング業者を利用するリスク

悪質なファクタリング業者のリスク

悪質なファクタリング業者というのは意外と少なくありません。

メディアでも報道されたような違法な闇金融業者というのはごく一部ですが、ヤミ金融まがいの法外な手数料を取るのは法的な規制がないからとも考えられます。

しかしながら資金繰りに困りファクタリングを利用すればたとえ無事に取引が完了しても印鑑証明や謄本などの書類を返却してもらうまでは、取引先に内容証明を送付されてしまうリスクがあるのです。

したがって利用したファクタリング業者に少しでも不審な点を感じたら全ての書類を返却してもらうようにしましょう。

あまりにもひどい対応のファクタリング業者だった場合には弁護士から書類の返還請求をすれば大丈夫です。



スポンサーリンク