「業種や債権の種類によって異なるファクタリング」の記事一覧

多くのニーズがある建設業・建築業のファクタリング

業種や債権の種類によって異なるファクタリング
建設業によるファクタリング

建設業・建築業では、ファクタリングサービスが資金調達の選択肢として比較的多く用いられています。 その理由として建設業・建築業界というのは一般的な業種と比較すると 支払いのサイクルが長い 入金ずれが多い 人件費や材料費など […]

クレジットカード決済による売上げ債権買取のファクタリング

業種や債権の種類によって異なるファクタリング
クレジットカード決済の売上げの買取

ファクタリングというのは、基本的には企業間の取引が主なターゲットとなっており、個人の消費者の支払いには関係なさそうなイメージです。 ところが、クレジットカード決済が可能な 飲食店・レストラン インターネットショップ ブテ […]

特定の事業者だけが利用できる介護給付金のファクタリング

業種や債権の種類によって異なるファクタリング
介護給付金によるファクタリング

介護給付金のファクタリングは、一般企業による売掛債権の売買とは異なり、特定の分野のサービスを行なう事業者のみが利用できるファクタリングサービスです。 障害福祉サービスは近年でも特定の人には継続的な需要があり、経営しやすそ […]

医療報酬・介護報酬のファクタリングの特徴や注意するポイント

業種や債権の種類によって異なるファクタリング
介護報酬・診療報酬のファクタリングサービス

一般的な売掛金の買取となるファクタリングは企業間の債権を売買することになりますが、医療報酬・介護報酬のファクタリングという、医療機関や介護サービスを行なう会社などが利用するファクタリングもあるのです。 医療報酬・介護報酬 […]

ネットショップでのファクタリングの違いや特徴

業種や債権の種類によって異なるファクタリング

スマホやパソコンで手軽に買い物ができるインターネットショップは近年増えてきたビジネススタイルですが、専業でネットショップを経営している事業者も、ファクタリングサービスによって資金を調達する必要が出てくることもあるでしょう […]

ページの先頭へ