ファクタリングというのは、基本的には企業間の取引が主なターゲットとなっており、個人の消費者の支払いには関係なさそうなイメージです。

ところが、クレジットカード決済が可能な

  • 飲食店・レストラン
  • インターネットショップ
  • ブティック
  • 小売販売店

といった業種の場合、クレジットカード債権を利用することで、個人の消費者を相手に商売している場合にもファクタリングサービスを利用できることがあります。

クレジットカード債権の買取となるファクタリングの特徴や仕組みを紹介するので、チェックしてみましょう。

このクレジットカードによる売掛金のファクタリングは意外な資金繰り方法としてまだ認知されていない方も多くこれから急成長するサービスです。

クレジットカード債権の買取によるファクタリングとは?

クレジットカードでも買いもの

通常の企業による売掛金の買取となるファクタリングとは異なり、クレジットカード債権のファクタリングは、個人客を相手に商売をしている店舗やサービスとなる業種でも利用できるファクタリングです。

通常、BtoBの企業が中心となって利用しているイメージの強いファクタリングですが、クレジットカード債権を用いることでBtoCの企業や店舗でもファクタリングが利用可能です。

ファクタリングは、売掛債権を売却することで後日入金されるはずの現金を早めに受け取るというサービスです。

ファクタリングをした企業は正規の入金日を待たずに現金を手にして、待たせている支払いやタイミングの良い設備投資などにお金を使うことができます。

ところが、現金での取引が多い個人客相手の商売ではまとまった債権自体が発生せず、急な資金繰りの調整にファクタリングを使うことができません。

ただし、クレジットカード決済も行なっている場合、クレジットカード決済による売上げが12ヶ月先の後払いとなり、いざ資金繰りが厳しくなった際などにこれをファクタリングで使用することができます。

クレジットカードの利用者は個人の場合が多いですが、企業間ファクタリングのように信用調査が難しくなりますが、カード会社が相手と考えることで利用可とするファクタリング業者も出てきました。

クレジットカード債権ファクタリングの特徴クレジットカード決済

クレジットカード債権のファクタリングの特徴を紹介します。

利用しやすさ

クレジットカード債権を用いたファクタリングは、今のところあまり多くの業者で行なわれておらず、利用したい場合には実施しているファクタリング業者を選ぶところから始めなければいけません。

通常のファクタリングよりも数少ない業者から選ぶ必要があり、条件なども限られてしまうことがあるため、あまり利用しやすいとは言えないでしょう。

しかしながらクレジットカード債権自体の信用度は低くないため、今後は多くのファクタリング業者で導入されることになる債権の種類です。

ファクタリング手数料の目安

クレジットカード債権のファクタリングは、基本的にはあまり手数料はリーズナブルではないことが多いようです。

クレジットカード債権の売買では基本的に2社間でのファクタリングとなるのが一般的であり、さらに金額もあまり大きくはないことが多いため比較的高い手数料となります。

ファクタリングの種類

クレジットカード債権のファクタリングには、2社間と3社間のタイプがあります。一般企業のファクタリングと同様に、2社間の方が手数料は高く、3社間の場合には手続きに手間と時間がかかります。

基本的にクレジットカード債権の売買ではクレジットカード会社を含まない2社間でもファクタリングとなり、カード決済の売上げが入金されればファクタリング会社に支払うのが一般的です。

クレジットカード債権ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリット

クレジットカード債権のファクタリングのメリットをご紹介します。

大半のファクタリング業者でもはクレジットカード債権の買取を利用できるサービスではありませんが、いろいろと便利な面があり、これまでファクタリングが不可能だった会社やお店には朗報と言えそうです。

現金調達の道として

クレジットカード債権のファクタリングは、現金不足を補うための方法として役立ちます。

個人相手の商売やサービス提供では、企業間の取引とは違い、支払い条件にほとんど売り手側の希望は通りません。

クレジットカードを使わせたくないなら現金のみの販売を行なえば良いのですが、販売のチャンスを逃がすリスクとなりますし、ネット販売などではカード決済ができないのは大きなネックとなってしまいます。

そのため、ほとんどのネットショップや大手のレストランなどではクレジットカード決済を導入することになりますが、実はこのクレジットカード決済が資金繰りの悪化を生む原因になることも少なくありません。

なぜならクレジットカード決済の入金サイクルは月末締めの翌月末払いなど決して短いものではなく、運手資金を回転することができないのです。

このクレジットカード債権を現金化できれば、正規のタイミングを待たずにその間の支払いなどに現金を当てることができるため資金繰りを改善することができるでしょう。。

クレジットカード債権売買となるファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリット

便利そうなクレジットカード債権のファクタリングですが、よくよく考えてみると利用しない方が良いと思える面も少なからずあるのです。

実際にクレジットカード債権の買取を利用する際は、じっくりと必要性を考えることが大切といえるでしょう。

ファクタリングの手数料の他にカード決済手数料の負担

クレジットカード債権のファクタリングでは、クレジットカード会社に引かれる決済手数料とファクタリングすることによる売買手数料がかかることになります。

クレジットカード決済を利用する場合にはお店側が決済手数料を負担することになっています。

ァクタリングを利用したら、現金払いと比較すると2種類もの手数料を引かれることとなり、実際には大きく売り上げを削られることになることを免れることはできません。

債権額や粗利率などでメリットが左右されやすい

クレジットカード債権のファクタリングは、それぞれのお店の事情によってメリットとデメリットの割合が大きく左右されがちです。

粗利率の高いお店であれば手数料を払っても利用する価値があるかも知れませんし、少額の債権しかない場合にはわざわざファクタリングでそこから資金を調達する必要性は少ないかも知れません。

クレジットカード債権でファクタリングを考えるなら、自社の条件ごとに必要性を十分に見極めて利用する必要があります。

クレジットカード債権を使ったファクタリングは、今のところあまり多くのファクタリング業者が行なってはおらず、使いたい人には貴重なサービスとなります。

BtoCの企業では債権自体がないこともあり、ファクタリングの利用はできない場合もありますが、クレジットカード決済を取り入れている場合にはいざという時にファクタリングに頼ることも可能です。

クレジットカード債権のファクタリングを利用する際は、必要性を厳しく見極めて利用価値がある場合のみ使うようにしましょう。

スポンサーリンク