一般的な売掛金の買取となるファクタリングは企業間の債権を売買することになりますが、医療報酬・介護報酬のファクタリングという、医療機関や介護サービスを行なう会社などが利用するファクタリングもあるのです。

医療報酬介護報酬ファクタリングは、一般企業による売掛債権ファクタリングとは違いがあります。

では

  • 介護事業者
  • 診療所・病院
  • 歯科医院

といった業種が利用している医療報酬・介護報酬の使いやすさや特徴、一般企業のファクタリングとの違いを紹介します。

医療報酬・介護報酬ファクタリングとは?

医療報酬のファクタリングとは?

医療報酬・介護報酬ファクタリングは、使える業種、事業者の限られたファクタリングといえるでしょう。

基本的には、

  • 医療報酬
  • 介護報酬
  • 診療報酬

を用いて行なうため、医療報酬を受け取る病院などの医療機関、そして介護報酬を受け取る介護サービスを運営若しくは経営している事業者のみが利用できます。

基本的には、売掛金の1種である医療報酬や介護報酬をファクタリング会社に買い取ってもらい、正規の支払い日よりも前に現金を受け取れるサービスです。

一部の自由診療などは例外ですが、医療報酬や介護報酬は負担割合に応じて現金で支払う自己負担があり、その残りの支払いは健康保険が負担をします。

一般的な国民健康保険では病院にかかる患者が医療費の3割が自己負担となり、残りの7割が健康保険によって後日支払われることになるのです。

したがってこの7割の健康保険によって支払われる診療報酬をファクタリングするサービスとなります。

そのため、医療や介護の利用者は負担が軽くなり、かといって医療機関や介護事業者も利用者の負担金と保険からの支払いで満額を受け取れるためどちらにも損はありません。

ただし、保険からの支払いは診察やサービス提供した時ではなく後払いとなります。

例えば病院で言えば、診察をした月の翌月に当月分の保険負担分をまとめて請求し、さらにその翌月(つまり診察月の翌々月)に保険から支払いがあります。

医療機関や介護事業者も

  • 医師などのスタッフへの給料
  • 機器のリース代
  • 医薬品購入

などの支払いがあり、利益を出して経営をしていかなければいけません。

しかし、この報酬の後払いのシステムによって資金繰りが悪化することがあり、ファクタリングを利用することもあるのです。

一般には病院も医師も、高給取りでお金に困らないというイメージがありますが、個人経営のクリニックから総合病院まで、一般企業と同じように資金繰りに困ることもあります。

ただし、医療報酬・介護報酬ファクタリングは、企業のファクタリングとは一線を画したものであり、その特徴は全く異なります。

医療報酬・介護報酬ファクタリングの特徴

医療報酬ファクタリングの特徴

医療報酬・介護報酬ファクタリングには、以下のような特徴があります。

手数料の目安

医療報酬・介護報酬ファクタリングの手数料は企業の売掛金のファクタリングと比較すると手数料が極めて低く設定されています。

目安としては、0.5%2%程度が平均的な相場といえるでしょう。

これは、売掛先に当たる健康保険はほぼ倒産リスクがないためであり、一般企業ほど売掛金を回収できないことがないためです。

ただし、保険に請求をしてもレセプト審査で落ちることはあるため、その分全額は買い取ってもらえず、7080パーセントの掛け目はあります。

審査の難易度

通常の売掛金のファクタリングと比較すると審査の難易度はかなり甘めと見て良いでしょう。

基本的には健康保険が倒産することがなく、売掛先重視のファクタリングとしては安全性の高いジャンルです。

そのため、審査落ちは少なく、融資を受けるよりも楽かも知れません。

一般企業のファクタリングとの違い

一般企業のファクタリングとの大きな違いの1つは、2社間は行なうことが出来ず、全て3社間ファクタリングとなることです。

また、3社間であっても、一般企業とは違い、売掛先が懸念を示す恐れがないため、ずっとやりやすい3社間ファクタリングになる点です。

健保は一般企業とは違い、病院などがファクタリングを使用しようがしまいが、後の取引を渋ることはありません。

そのため、売掛先に知られることが何のリスクにもならないのです。

医療報酬・介護報酬ファクタリングのメリット

診療報酬ファクタリングのメリット

医療報酬・介護報酬ファクタリングは、経営実績に関わらず、一時的な資金繰りの改善に役立つサービスです。

資金繰りをローコストで改善できる

医療報酬・介護報酬ファクタリングは、手数料も少なく抑えられ、2ヶ月~3ヶ月先の支払いを当月中に受け取ることができます。

医療機器や設備の導入、スタッフの増員などで一時的に現金不足が起こっても、乗り越えやすくなります。

実績の少ない病院でも使いやすい

医療報酬や介護報酬を支払うのは健保などの倒産リスクの少ないところなので、医療機関などに実績がなくても、開業間もなくでもファクタリングを利用することが可能です。

医療報酬・介護報酬ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリット

医療報酬・介護報酬ファクタリングを利用する際には、以下のような点に注意が必要です。

ファクタリングのサイクルから抜け出せなくなる

1度、介護報酬や診療報酬のファクタリングを利用すると、支払いのサイクルが前倒しとなりファクタリングのサイクルから抜け出しにくくなることは間違いありません。

つまりファクタリング業者でも継続利用を前提としていることが多くなっています。

1度ファクタリングで資金回収を前倒ししてしまうと、止める時には入金のない月が出てきてしまいます。

そのため、資金的な体力のない病院などでは再び現金不足に陥る可能性も少なくありません。

特にファクタリング以外の方法がないような事業者の場合には、経営を根本的に見直す必要性も考えるべきかも知れません。

即日現金化の利用は難しい

医療報酬・介護報酬ファクタリングでは、原則的に即日買取サービスは行っていません。

審査には1週間程度かかることもあり、保険への請求日から数日の入金が一般的な流れです。そのため、急な現金の調達には診療報酬のファクタリングによる即日対応が難しいのです。

医療報酬・介護報酬ファクタリングは、非常に限定的な利用者と手数料の低さが特徴となるファクタリングです。

医療機関や介護事業者にとっては利用しやすいサービスですが、1度使うと抜け出せなくなる恐れがあるため、利用にあたっては注意が必要となります。

介護報酬・医療報酬のファクタリングに適した会社ランキング

  1. アンカーガーディアン



    総合評価 5.0
    審査通過率:
    98.5%
    診療報酬ファクタリングの実績:
    1,956件
    管理人のレビュー

    九州地方や中国・四国地方の多くの医療系機関や介護サービスをファクタリングによって支えているアンカーガーディアン。
    なんといっても医療報酬・介護報酬ファクタリングの審査通過率の高さは西日本でアンカーガーディアンに勝るところはありません。

    詳細を見る

  2. ファクタリングジャパン

    ファクタリングジャパン

    総合評価 4.5
    審査通過率:
    95%
    診療報酬ファクタリングの実績:
    1,523件
    管理人のレビュー

    介護報酬や医療報酬のファクタリングは基本的に3社間によるファクタリングサービスとなり、民間のファクタリング業者では取り扱っていないところも少なくありません。
    そんな2社間だけでなく3社間のファクタリングでも高く評価されているファクタリングジャパンも多くの病院や介護施設の保険の買取も優れています。
    ファクタリングジャパンは都内で運営していますが日本全国のファクタリングにも対応していますので地方の事業者でも問題なく現金化することができるでしょう。

    詳細を見る

  3. 事業資金エージェント

    事業資金エージェント

    総合評価 4.0
    審査通過率:
    88%
    診療報酬ファクタリングの実績:
    1,079件
    管理人のレビュー

    個人経営による小規模の診療所もありますが、総合病院や多くの高齢者を抱える介護施設も少なくありません。
    そういった比較的大きな売掛債権の買取に適しているのが事業資金エージェントです。
    最大3億円までという高額な報酬でもファクタリングが可能という特徴が事業資金エージェントにはあり、多数の介護施設や総合クリニックに利用されています。

    詳細を見る

スポンサーリンク