個人がお金が必要になればクレジットカードのキャッシングや消費者金融に新規の借入を申し込みをしてお金を工面することになるでしょう。

しかしながら企業による事業資金となると、数万円という単位ではなく数百万円、数千万円といった個人レベルとは異なる資金が必要となります。

したがって個人による金策と企業の資金調達方法とはまったく違う方法で行われることになるのです。

ではある中小企業が100万円のキャッシュが早急に必要になったとします。

100万円の事業資金を早期に調達することができるもっとも効率的な方法とはどのようなものなのでしょうか?

事業の運転資金を工面する方法

事業による資金調達の方法

個人での資金調達方法としては

  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのキャッシング
  • 金融会社からの借入

といった「お金を借りる」方法が一般的となります。

それ以外の金策方法としては

  • ブランド品や貴金属の換金
  • クレジットカードのショッピング枠現金化

といった方法くらいしかありません。

では企業による資金調達の方法はといいますと個人と同じように

といったようにお金を借りる方法が定番といえるでしょう。

したがって100万円の事業資金が必要なのであれば銀行やノンバンクから100万円を借りれば済むことになるのです。

ただお金を借りるというのはそんなに簡単なことではなく、お金に困っていれば貸してくれるわけではありません。

金融機関から融資を受けることができない企業は少なくない

金融機関からの融資は難しい

個人の方がすぐに100万円を調達するのは容易ではありません。

なぜなら現在は改正貸金業法によって貸付総額が年収の3分1までとなったため最低でも300万円以上の収入があり、よほどの信用がなければ100万円を借りることはできないのです。

個人と比較すると法人は総量規制の影響を受けることはないため借入金額に貸金業法による上限はありません

そして年商も大きくなるため100万円を借りるのはそこまで難しくないようにも感じられるのではないでしょうか?

しかしながら企業の売り上げは個人よりもはるかに大きい金額となりますが、支出となる金額も相応に大きくなってくるのです。

しかも企業による収益というのは受注した仕事が完了すればすぐに現金で支払われるわけではなく、売掛金の支払日まで数ヶ月先となることも少なくありません。

そのため事業資金が不足し資金繰りに苦しむ企業は少なくはなく、そういった企業には当然ながら金融機関も融資を行わないのです。

つまり企業は収益が大きいからといってそれが「信用」に比例するわけではないため100万円をすぐに借りることができる企業は多くありません。

100万円の事業資金をもっとも早期に調達する方法

ファクタリングによる資金調達

単純にお金を借りるためには返済能力は必要不可欠であり、信用がなければ借りることはできません。

そのため税金を滞納していたり、業績が悪い企業にはお金を貸す金融機関やノンバンクはないのです。

ではそういった零細企業が100万円の事業資金を工面するための方法はといいますと、取引先から支払われる予定の売掛債権の現金化なのです。

ファクタリングはお金を借りる融資やローンではなく、債権の売買となります。

したがって金融機関や貸金業者による審査が通らない企業でもファクタリングサービスを利用することは可能なのです。

たとえば個人でもクレジットカードが作れないブラックの方は少なくありませんが、所持している腕時計や金券類などを換金し現金化することはできます。

それと同様に融資を受けることができない企業でも自社が所有する売掛債権を現金化することによって資金調達をすることは可能なのです。

つまり銀行からお金を借りることが困難な中小企業でも相応の売掛金があれば100万円の事業資金を調達することも難しくはありません。

では今ある売掛金でいくらまで資金調達が可能なのかこちらから無料で診断することができます。

ファクタリング無料診断

スポンサーリンク