• 「ファクタリングの審査って大丈夫なのかな・・・」
  • 「ファクタリングで審査落ち、どうしよう・・・」
  • 「ファクタリングの審査に通るにはどうすれば・・・?」

キャッシュフローの改善やリスクヘッジにも役に立つ売掛金を現金化する『ファクタリング』ですが、必ずしも資金調達できるワケではありません。

もし、ファクタリングでの資金調達を期待していたのに審査に落ちてしまえば・・・、大変なことになってしまうのは言わなくてもわかりますよね。

そこで、ここではファクタリングで審査落ちを防ぐためのポイントを紹介します。

とくに「どうしても今すぐに資金調達が必要だ!」なんて経営者さんにはまさに必須知識なので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

こちらは審査を通過するためのポイントを説明している記事です。

実際に審査が甘い優良会社については下記で説明していますので、「審査の甘いファクタリング会社を知りたい!」という方は下記のランキングを参考にしてみてください。

ファクタリング審査通過率の調査アンケート!

ファクタリング審査通過率の調査アンケート!

それでは、ファクタリングで審査落ちを防ぐポイントを・・・お話しする前に、まずは簡単なアンケートから紹介したいと思います。

審査通過に重要なのは自分の審査通過率を正しく理解していることです。

当然、審査通過率の低い方はこれから説明するポイントを多く達成しなければなりません。
逆に審査通過率の高い方は少なくても審査に通過できますよね。

自分の審査通過率を知ることで結果的にファクタリングの成功率を上げれるので、まずはYES・NOで以下のアンケートを答えてみてください。

  • 今までに売掛先からの入金が遅れたことがある
  • 売掛金の支払い期日が60日より先
  • 売掛先が個人事業主である
  • 売掛金の成因資料がない(発注書・検収書・請求書など)
  • 売掛先を調べると悪い口コミ出てくる
  • 売掛先が複数社の金融から借入をしている

いかがでしたか?

こちらのアンケートはYESが多い人ほど審査落ちの可能性が高いものとなっています。

とくに3つ以上あった方はそのままだと審査落ちしてしまう可能性が高いです!
また、1つ以上あった方も念のため審査落ちしないためのポイントを実践しておきましょう。

ファクタリング審査落ちを防ぐ5つのポイント

ファクタリング審査落ちを防ぐ5つのポイント

  • 売掛先の経済状況
  • 売掛金の信頼性
  • 売掛金の支払い期日
  • 売掛金の種類
  • 依頼者の人格・人柄

①.売掛先の経済状況は?返済可能な状態か?

ファクタリングは売掛金を換金するという性質上、売掛先からの支払いの確実性が重視されているため売掛先の経済状況が大きな審査の基準となります。

売り掛け先の経済状況が悪いほど、その売掛金は回収が困難なものと判断されますので審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

ファクタリングを利用するときは売掛先の経済状況にも注意したほうが良いでしょう。また、経済状況が良い売掛先の売掛金を選ぶようにするのも良いかもしれませんね。

②.信頼性の高い売掛金か?

次に重視されるのが売掛金の信頼性です。

架空の売掛金によるファクタリング契約をした企業の顛末』でもお話しているように、ファクタリング会社から金銭を騙し取ろうと考える依頼者も業界には少なくありません。

そのため、換金をしようしている売掛金が実在しているかの審査が厳しくおこなわれており、売掛金の実在の証明のために成因書類の提示が重要視されているのです。

  • 基本契約書
  • 発注書(注文書)
  • 検収書(受注書)
  • 請求書

確実に審査を通したいなら、この4点は事前に用意しておくのが良いでしょう。

ただし、「取引先から書類を貰えなかった」などの特殊な事情がある場合は一部の書類がなくても取引できることもあります。

審査が甘いファクタリング優良会社ランキング!』で紹介している会社なら審査に通過しやすいのでこちらの会社を試してみてください。

③.売掛金の支払い期日はいつ?

また、売掛金の支払い期日も審査のポイントのひとつです。

売掛金の支払い期間が長いほど回収にかかる時間も長くなります。

ファクタリング会社としても長い期間を待たなければならなくなりますし、その期間に売掛先の経済状況が悪くなってしまう可能性も否定できません。

そのため、支払期限が長い売掛金は敬遠される傾向が強く、審査が厳しくなってしまうのです。

審査基準としては売掛金の支払い期限は60日以内であることが大切です。

売掛金を換金するときは売掛金の支払い期間の短いものを選ぶのが審査通過のコツです。

④.売掛金が取引できない種類では?

これはファクタリングの前提の話になるのですが、売掛金とひとことで言っても種類はさまざまであり、その中にはファクタリングできない売掛金の種類もあります。

  • 譲渡禁止特約付きの売掛金
  • 下請代金支払遅延等防止法に該当する売掛金
  • 個人事業主に対する売掛金
  • 買掛金の額面が売掛金を超えているケース

以上のケースは原則としてファクタリングはできません。
ファクタリングをする前に自社の売掛金の種類についても詳しく調べておきましょう。

また、「売掛金がどの種類に該当するのか分からない」という場合はファクタリング会社に問い合わせてみるのもひとつの手です。

担当者は言うなれば売掛金のプロですから、自社の売掛金がファクタリングできるのかをしっかりと判断してもらえます。悩んだときは無料相談・見積りができる会社に相談してみましょう。

⑤.依頼者の人柄は信頼できる?

意外と思われるかもしれませんが、ファクタリングの審査は売掛先や売掛金の信頼度のみでおこなわれるのではありません。

実は、依頼者の人柄も審査のポイントとなるのです。

これは、少なくない金銭を取り扱うサービスなので、ファクタリング会社としても「信頼できる相手と取引したい」という心理が働いていることから審査の項目となっています。

少しでも審査に通過する可能性を上げるために経済状況などでウソをつく経営者さんもいますが、書類を見られればウソはバレますし信頼を失うだけなので逆効果です。

ウソをつかずに誠実な取引を心がけることが大切なので、取引のときは注意しましょう。

ファクタリングの審査が甘い会社の基準とは?

ファクタリングの審査が甘い会社の基準とは?

また、自社の売掛金が審査基準を達成できなかった場合は審査の甘いファクタリング会社に切り替えるという方法もあります。

審査が甘いファクタリング会社を使えば、たとえ他社で断られてしまっていても売掛金の現金化ができる可能性がありますし、

また、このファクタリング業界では手数料の安い(入金額の多い)会社ほど、貸し倒れなどのトラブルを避けるために審査を厳しく設定している傾向が強くあります。

ですので、どうしても審査に通らない方は手数料が高い会社を選ぶのが良いでしょう。

ただし、手数料が高い会社を選ぶことは依頼者の負担が増えることでもあります。手元に残る金額も少なくなってしまいますし、長期的にファクタリングを使うなら大きなマイナスです。

ですので、「どうしてもお金が必要なのに審査に落ちてしまう」など切迫した状況でない限りは利用しないのが無難と言えるでしょう。

ファクタリングの審査のまとめ

いかがでしたか?

今回はファクタリングの審査に関する5つのポイントを紹介しました。

他の資金調達方法よりファクタリングの審査のほうが甘いと言われていますが、誰でも審査に通過できるワケではありません。

確実にファクタリングを使うためにも審査に通過しやすくするためのポイントを知っておくことが大切なので、これからファクタリングをする方はぜひ活用してみてください。

また、ファクタリングをする前にこの記事を読み返すと成功率を上げれますので、実際にファクタリングをするときは間違えがないようにしっかりと確認してくださいね。

スポンサーリンク