銀行や消費者金融から借り入れをすれば利息が発生するのと同じように金融サービスというのはそれなりの負担を生じることになります。

ただファクタリングはお金を借りる貸金業ではなく、あくまでも売掛債権を買い取るサービスとなるため金利や利息といった概念とは異なる手数料を差し引かれることになるのです。

ではこのファクタリングする際の手数料とは一体どのくらいの割合となるのでしょうか?

3社間ファクタリングの手数料

ファクタリングには2種類の方法があり、ファクタリング会社と利用するユーザーに加え売掛先との契約が必要となる3社間でのファクタリングサービスがあります。

この3社間ファクタリングでの売掛代金買取にかかる手数料の相場は1%から5%と非常に低い利率となるのです。

したがって3社間ファクタリングの方が利用者にとっては効率的ということは間違いありませんが、ただファクタリングを契約するために取引先も必要となることがネックといえるでしょう。

どのような業種の企業でもう売掛先となる企業というのは「お客様」のようなものであり、そこにファクタリングの契約を結ぶというのは容易ではありません。

そのため大半のファクタリングは3社間ではなく2社間が選択されているのです。

2社間ファクタリングの手数料

ファクタリングを利用し売掛債権の現金化は主に2社間でのファクタリングとなります。

2社間ファクタリングの手数料の相場は10%から30%と大きな負担といえるでしょう。

なぜ3社間と比較すると2社間ファクタリングの手数料が高いのかといいますと、ファクタリング会社にとってリスクの大きい方法となるからです。

3社間の場合、売掛債権を売掛先から直接支払われることになりますが2社間では利用者が集金後に支払いが行われます。

つまり売掛先が資金ショートや倒産してしまった場合には売掛債権を回収することは困難になるのです。

そのため3社間よりも圧倒的に高い手数料となりますが、2社間ファクタリングの方が多く利用されています。

ファクタリング手数料の内訳

ファクタリングの手数料の内訳

2社間ファクタリングの手数料は決して安いものではありません。

ファクタリング会社にとって売掛債権を買い取るリスクがあることは間違いありませんが、この手数料の内訳はどのような内容なのでしょうか?

100万円の売掛債権買取の場合

  • 債権譲渡登記に必要な手数料:8万円?10万円
  • 登記に関わる印紙代:2万円前後
  • その他交通費や広告費などの諸経費:3万円前後

このように100万円の売掛債権をファクタリング会社が30%の手数料で買い取ったとしても大半が登記代や印紙代などの諸経費となり、利益となるわけではありません。

ただファクタリング会社の中には登記をすることなく債権譲渡を行っている柔軟な業者も存在します。

そういった業者では手数料の融通が利くところもありますので確認したほうがよいでしょう。

そして悪質なファクタリング業者では消費税を要求されることもあります。

当然ながら売掛債権の買取には消費税は発生しませんので注意しましょう。

ファクタリングの手数料は安いものではない

手数料は安くない

零細企業にとって支払いまでの時間が長い売掛債権はすぐに現金化したいものです。

そのため即日現金化することができるファクタリングは効率的なサービスとなりますが、手数料という負担は決して安いものではありません

もし銀行などの金融機関から借り入れができるのであれば圧倒的に借り入れの金利の方が安いといえるでしょう。

ただこのファクタリングという資金調達方法というのは銀行融資などの審査の通らない企業でも利用することができる特徴があります。

たとえば税金の未納や金融機関からの借り入れの支払いが滞っていてもファクタリングは可能なのです。

そのため急場の資金ショートや入金ずれといった危機をファクタリングによって回避するつなぎ的な資金調達方法として活用されています。

スポンサーリンク