• 「ファクタリングってなんで選ばれてるの?」
  • 「ファクタリングのメリットってなにがあるの?」
  • 「ファクタリングのデメリットは?リスクはないの?」

売掛金を換金できるサービスである『ファクタリング』ですが、初めてファクタリングをする方だと「そもそもなんで使われてるの?」と疑問に思うことも少なくありません。

少なくない金額を取引することになりますし、ファクタリングをする前にしっかりとメリット・デメリットを把握しておきたいですよね。

この記事では、そんなファクタリングのメリット・デメリットを説明します。

資金調達に便利だと言われている『ファクタリング』ですが、どのサービスにもそれぞれメリット・デメリットはあります。

正しくメリット・デメリットを理解した上で一番良い方法を選ぶことこそが資金難を改善する一番の近道ですので、ファクタリングのメリット・デメリットについても確認しておきましょう。

ファクタリングで資金調達をする5つのメリット

ファクタリングで資金調達をする5つのメリット

それでは、さっそくファクタリングで塩金調達をするメリットを紹介します。
ファクタリングのメリットは以下の5つです。

それぞれの理由を詳しく説明しますので、確認してみましょう。

  • 即日中に現金を用意できる!
  • 売掛先に知られずに換金できる!
  • 審査が簡単で誰でも使いやすい!
  • 担保・保証人は必要なし!
  • 回収不可になっても返済義務がない!

①.即日中に現金を用意できる!

ファクタリングの最大のメリットとも言えるのが圧倒的なスピードの早さです。

必要書類さえ揃っていれば”最短即日”での活用もできますので、急ぎで金銭を用意したいときにも急場をしのぐ手段として重宝されているのです。

その他の資金調達方法では審査や手続きに時間がかかってしまいますので、急ぎで金銭が必要なときには役に立たないことが多いです。

ファクタリングでは、そんなときも簡単に金銭の用意ができますので便利だと思いますよ!

②.売掛先に知られずに換金できる!

また、売掛先に知られずに換金できるのもメリットのひとつです。

資金難が取引先にバレると「あの会社はそんなに資金繰りが厳しいのか」と思われてしまい、信用を損なってしまう可能性があります。最悪取引が中止されてしまうことも・・・。

その点、2社間のファクタリングであれば売掛先に換金がバレることはありません。
(詳しくは『苦しい資金繰りを改善できるファクタリングの仕組み』をどうぞ!)

資金難で困っていることを知られずに資金調達ができるので、極秘裏に金銭を用意したいときにはぴったりな方法と言えるでしょう。

③.審査が簡単で誰でも使いやすい!

『資金調達』というと融資を思い浮かべる人は多いと思います。
融資を受けるのは事業資金を調達するのに一般的な方法ですよね。

しかし、ファクタリングは売掛金を換金するサービスなため厳密的には融資ではなく『売掛金の買取』に近いサービスなため、融資のような厳しい審査はありません。

売掛金さえあれば自社の経済状況は関係なく資金調達ができるのです!

まったく審査がないワケではありませんがその他の資金調達の方法と比べれば簡単なのは間違いないので、誰でも気軽に使える点はメリットです。

【関連記事】
ファクタリングで審査落ちを防ぐための最重要ポイント5選 | 審査基準はここから見極めろ!

④.担保・保証人は必要なし!

また、先ほども言ったようにファクタリングは融資ではありません。
ですので、担保・保証人も必要ありません。

事業資金が枯渇するような切迫した状況で担保や保証人を用意するのは簡単なことではありませんし、用意できない方も多いと思います。

そんな状況下でも関係なしで資金調達ができるのは嬉しいですよね。

⑤.回収不可になっても返済義務がない!

また、ファクタリングをしたあとに売掛先が倒産して売掛金の回収が不可能になったとしても、受け取った金銭を返還する必要がありません。

ファクタリングをした時点で売掛金は譲渡(売却)した状態になるため、取引が成立してしまえば売掛金がどうなろうと依頼者が責任を問われることはないのです。

たとえ巨額の売掛金があったとしても取引先が倒産してしまえば回収はゼロとなっています。そういった事態の”リスクヘッジ”としてもファクタリングは使われています。


以上の5つがファクタリングのメリットです。

それも会社の資金調達に大切なポイントばかりですし、資金難のときにファクタリングが便利な方法なのはメリットを見ればわかりますね。

とはいえ、ファクタリングはメリットばかりではなく、”デメリット”もあります。

次はファクタリングのデメリットを説明しますので、メリットだけでなくデメリットもしっかりとチェックしておきましょう!

ファクタリングを使う2つのデメリット/リスク

ファクタリングを使う2つのデメリット/リスク

ファクタリングのデメリットは以下の2つです。

どちらも注意すれば充分に防げる内容ではありますが、知らないとトラブルになってしまう可能性もあります。

実際にファクタリングをする前にデメリットを知って、トラブルならないよう注意が必要です。

  • 最終的には手数料分の損をする
  • 悪質な詐欺行為をする会社もある

①.最終的には手数料分の損をする

ファクタリングは最終的に手数料分の損なのも忘れてはいけないデメリットです。

ファクタリングの手数料は5%~10%と言われており、依頼者は確実に売掛金の5%~10%は損をすることになります。

100万円の売掛金であれば5万円~10万円分も目減りするってことですね・・・。

使いすぎれば依頼者の経済状況が悪化するのは目に見えて明らかなので、緊急のとき以外は極力使わないように注意したほうが良いでしょう。

②.悪質な詐欺行為をする会社もある

また、ファクタリング会社はインターネットを探せば数多く見つかりますが、そのすべてが必ずしも善良なワケではありません。

売掛債権の売買契約書を交わさないファクタリング業者の危険性』でも説明しているように、この業界にはファクタリング会社を装った闇金業者も少なくないのです。

そのような悪質な詐欺行為をする会社を使ってしまえば大きな負担になってしまいます。

ファクタリングをするときは信頼・実績のある会社を選ぶことが大切です。

  • ネットでの評判
  • 比較サイトでの評価
  • 実際の利用者の口コミ
  • 公式HPの内容

さまざまな情報を参考にして、悪質な詐欺会社を使うことがないように注意しましょう。

ファクタリングのメリット・デメリットのまとめ

いかがでしたか?

今回はファクタリングのメリット・デメリットをまとめさせて頂きました。

ファクタリングは数多くのメリットがある方法ではありますが、デメリットもあります。

実際にファクタリングをするときはメリット・デメリットを承知の上で使うことが大切なので、ファクタリングを検討している方はしっかりと覚えておいてくださいね。

また、ファクタリングは会社によって契約内容も異なりますので、好条件で取引できる会社を選ぶことも大切です。

好条件でファクタリングができる優良会社はこちらのランキングで紹介していますので、興味のある方はこちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク