事業資金を急遽調達したいという場合、

という資金調達がポピュラーな方法といえるでしょう。

ファクタリングというのは、売掛金をファクタリング業者に買い取ってもらうことによって現金化し早期に資金を工面するものです。

一方で、ビジネスローンは、企業が銀行やノンバンクにお金を借り入れるものであり、原則的に担保や保証人が必要になります。

ファクタリングとビジネスローンは、資金調達方法として、似ている部分もあり、よく比較されがちです。

そこで、事業向けローンとファクタリングはどのような点で違うのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

金利や手数料で比較するならビジネスローンが有利

金利や手数料で比較

ファクタリングの場合、売掛金を現金化することになりますのでファクタリング業者が、売掛先の債権現金化を行うことになり売買契約に関わる手数料が発生します。

  • ファクタリング業者
  • 売掛債権の種類
  • ファクタリングの方法
  • 売掛先の信用
  • ファクタリングする会社の信用

によって手数料は異なりますが、10~30%の手数料が初回の入金時に必要となりますので、手数料は割高になっています。

その一方で、ビジネスローンは銀行や金融会社によってお金を借りるというシンプルなビジネスモデルということもあり、ファクタリングの手数料と比較すると割安で利用することができる資金調達方法です。

ビジネスローンでの金利は、年利10~15%程度が一般的な相場となっています。

ビジネスローンの場合、返済の度に利息を支払うことになりますがファクタリングの場合、利用ごとの手数料となり2回目以降では審査料なども省かれることもあり手数料は異なってくるのです。

なるべく安い手数料で利用したいというのであれば、手数料が安いファクタリング業者を選べば、お得になることもあります。

スピードを重視するのであれば、圧倒的にファクタリングがおすすめ

ファクタリングスピード比較ランキング

ファクタリングの特徴のひとつとしてスピードが非常に早く、資金調達まで最短即日というところもありますので、すぐにキャッシュを用意をしたいという事業主の方には、大変おすすめです。

ファクタリングの場合、審査や保証人が必要ありませんし、二社間ファクタリングの場合ならば売掛先にファクタリングの事実を通知せず、秘密厳守で取引をすることが出来ます。

そのため、ファクタリング契約においての取引は大変スムーズに進みますし、少額の利用であれば最短即日で資金調達が可能です。

ファクタリング業者によっては、現金をそのまま届けてくれるところもありますので、とにかく急いでいるというのであれば、ファクタリングの会社に申し込み問い合わせてみるといいでしょう。

一方、ビジネスローンの場合、手数料は比較的安いものの厳格な審査が行われることになります。

信用情報機関による金融機関での審査になりますので、それなりの厳しい審査がありますし、どうしても日数がかかってしまうという点でデメリットがあります。

これらの審査は数日のこともありますが、数週間かかってしまうこともあります。

一般的には手数料が安い金融機関やファイナンス業者ほど、審査には時間がかかってしまう傾向があります。

急ぎの資金調達を希望するのであれば、ビジネスローンは向いていないといえるでしょう。

ファクタリングの場合、売掛先からの確実な取引の証明があれば審査などはほぼありませんし、書類に合理性があれば、その時点で取引が完了となるケースがほとんどです。

急ぎの資金調達であれば、柔軟に対応をしてくれるケースがほとんどですので、短時間で資金繰りをしなければならない場合はファクタリングをぜひ利用しましょう。

柔軟な審査が良ければファクタリングがおすすめ

ファクタリング審査通過率ランキング

ビジネスローンとファクタリングはよく比較されがちですが、大きく異なる点は審査の内容であり審査が甘い方がよければ、ファクタリングの利用がおすすめです。

ビジネスローンの場合、事業者の信用度が厳しくチェックされることになりますし、返済能力などもチェックされますし、債務があればもちろん審査に通りにくくなります。

ファクタリングの場合も、売掛先の審査がありますが、売掛債権そのもののチェックであり、

  • 倒産の危機はないか
  • 回収不能リスクはないか
  • 債権の二重譲渡ではないか

といった独自の基準に基づいて審査されます。

ファクタリングの場合、事業主の審査という部分では甘く、売掛先の会社の信用度の方が重視される傾向にあります。この点で、ビジネスローンの審査とは大きく事情が異なる内容です。

よって、資金繰りが厳しい企業の場合や、赤字がある場合には、ファクタリング業者の方が利用しやすいですし、すぐに利用しやすいといえるでしょう。

ビジネスローンの審査は厳しめですし、返済能力があるかどうか、情報信用機関のデータなどもチェックされることになり、時間もかかってしまいます。

銀行融資の審査にも影響しないのがファクタリング

銀行融資の審査に影響しないファクタリング

ファクタリングは、既にある売掛債権の現金化となっていますので、資金調達方法としては、借金をするのとは事情が異なっています。

ビジネスローンの場合、借り入れ額が大きすぎると、別の融資を受ける際に不利になってしまうことがありますが、ファクタリングの場合には、そういったことはありません。

  • お金を借りるビジネスローン
  • 債権を売却するファクタリング

といったように全く異なる資金調達の方法といえるでしょう。

あとあと困ってしまったときに銀行融資を受けることを考えると、ビジネスローンは影響が大きすぎるので避けておいた方が良い場合もあります。一方で、ファクタリングは、売掛金の現金化ですので、銀行融資にも影響することはありません。

キャッシュフローが改善されれば、また今後銀行融資を利用することも可能ですし、信用情報機関にデータが掲載されてしまうということもありません。

スポンサーリンク