足りない事業資金を工面する方法として期日前の売掛債権を買い取るファクタリングは効率的な資金調達方法として活用されています。

このファクタリングというサービスは原則的に企業間による売掛債権の売買となりますが、一部のファクタリング会社では企業が保有している在庫商品を買い取る「商品在庫ファクタリング」というサービスを行っているところもあるのです。

通常のファクタリングでは売掛債権を譲渡する売買契約を結ぶことになりますが、商品在庫ファクタリングでは特に審査などはなくその場で在庫商品の買い取り価格を査定し現金化することができるためよりシンプルなファクタリングサービスといえるでしょう。

ではこの商品在庫ファクタリングについての仕組みや現金化方法について検証していきます。

在庫商品ファクタリングで現金化できる業種

在庫商品ファクタリングが可能な業種

ファクタリングによる事業資金調達方法というのはここ数年で注目されている画期的なサービスですが、すべての企業が現金化することができる売掛債権があるわけではありません。

特に個人に商品を販売する

  • 電機店
  • 家具屋
  • 洋服販売店
  • 宝石店

といった小売業の場合には大口の法人客がいない限り、売掛債権はなくファクタリングを利用することができない業種といえるでしょう。

もちろん商品が売れればすぐにお金になる現金商売となりますが、まとまった資金を工面することはできません。

そういった業種の会社でも資金調達することができるのが商品在庫ファクタリングなのです。

では在庫商品ファクタリングではどのような業種で利用されているのかといいますと

  • アパレル業
  • 貴金属販売業
  • 病院・クリニック
  • 家電量販店
  • 中古自動車販売店

といった業種で主に在庫商品の現金化が利用されているのです。

在庫商品ファクタリングは古物商の許可が必要

古物商の許可

通常のファクタリング業務やコンサルティング業務を行っている会社は特に何かの許可や登録が必要となるわけではありませんが、この在庫商品を現金化するファクタリングサービスを行う会社は各都道府県の公安委員会による古物商の許可が必要となります。

この在庫商品の買取というサービスはリサイクルショップや金券ショップ同様、商品の買取業務となります。

したがって古物商の許可なく在庫商品の買取を行った場合には、古物営業法に違反する会社となるのです。

在庫商品ファクタリングを利用する会社を比較する際には公式サイトの会社概要に古物商の許可番号があるか確認してから利用した方がよいでしょう。

在庫商品を現金化するにあたっての注意点

在庫商品現金化の注意点

在庫商品ファクタリングというのは

  • 大量に抱えてしまった在庫商品や資材を現金化したい
  • 店舗移転に伴い不要になったオフィス用品や事務機器を処分したい
  • 在庫が増えすぎ資金繰りが悪化している
  • 倉庫に在庫が多く活用できない

といった悩みを持つ事業主の方にとってはとても効率的なサービスといえるでしょう。

しかしこの在庫商品のファクタリングを利用するに当たって注意する点もあります。

売買契約が成立した後にキャンセルすることができない

在庫商品のファクタリングは売買契約が成立すれば商品の所有権はファクタリング会社となります。

当然ながらファクタリング会社も買い取った商品を別の企業に売却するなど処分をすることになりますので、売買契約成立後にキャンセルを申し出たとしても解約することはできません。

そのため不要な在庫商品のファクタリングなら問題ありませんが、無理に在庫商品によって資金調達をしてしまうと大きな赤字となる可能性もあります。

想像よりも安い買取価格となることがある

たとえば通常の販売価格であれば50万円となる商品であっても買い取り価格が半値以下になることも少なくありません。

換金性の高い商品であれば大幅に価格が下がることはありませんが、価格相場の決まっていない洋服やアクセサリーの場合には特に安い買取価格になることがありますので注意しましょう。

現在、在庫商品ファクタリングが利用できるファクタリング会社

在庫商品買取サービスができるファクタリング会社

民間ファクタリング会社は多数ありますが、その中でも商品在庫ファクタリングを提供しているのはアセットマネジメントJAPANという会社がオススメです。

アットマネジメントJAPANは首都圏を中心に全国各地の企業様の資金調達を「ファクタリング」を通してご支援している現金化の実績が豊富なファクタリング会社として高く評価されています。

もちろん東京都公安委員会の古物商の許可店ですので安心して在庫商品の買取による資金調達が利用できるでしょう。

スポンサーリンク