• 『金融取引装う「新型ヤミ金」が横行』
  • 『「ファクタリング」ヤミ金が装う 違法貸し付けで摘発』
  • 『売掛債権の売買装い…ヤミ金の実質的経営者を逮捕』

といった見出しとなるファクタリングによる売掛債権の売買を装った闇金融が最近のニュースでも取り沙汰されるようになり、社会問題化しつつあるようにも感じられます。

一般的に「ヤミ金融」というとミナミの帝王や闇金ウシジマくんといったいかにも強面の集団が恐喝まがいの取立てをする印象があるのではないでしょうか?

そんなヤミ金融と売掛金の買取となるファクタリングは本来であればまったく異なったジャンルの業種となりますが、このファクタリングを装ったヤミ金融による被害が相次いだことによって業者が逮捕されているのです。

ではファクタリングによる売掛債権の現金化がなぜ貸金業法違反や出資法違反となるのか?その理由について検証していきます。

過去に逮捕された違法なファクタリングを装った業者の事例

 

「ファクタリング」と呼ばれる売掛債権の買い取り契約を装い、ヤミ金を営んだとして、大阪府警生活経済課は25日、貸金業法違反(無登録営業)の疑いで、東京都中野区の2業者を摘発し、元経営者の三浦和仁容疑者(36)=同区弥生町=ら男8人を逮捕した。府警によると、ファクタリングを装ったヤミ金業者の摘発は全国初。府警は2業者がファクタリングを装いながら、実態は売掛債権を担保に高金利で金を貸し付けていたとみて、出資法違反(超高金利)容疑でも捜査する。

摘発されたのは「東洋商事」と「MINORI」。府警は、2業者が平成27年秋から28年11月にかけ、資金繰りが悪化した中小企業を中心に全国約250社に総額3億円以上を貸し付け、1億円以上の利益を得ていたとみて調べる。

逮捕容疑は28年5~9月、堺市と三重県鈴鹿市の会社経営者2人に40~50万円を貸し付け、無登録で貸金業を営んだとしている。三浦容疑者らは「ファクタリングとしての売掛債権の売買であり、貸金業の登録の必要はない」などと容疑を否認しているという。

ファクタリングは中小企業などが保有する売掛債権を買い取り、額面の5~20%を手数料として差し引いて現金を支払うサービス。債権を期日前に現金化できるメリットがある。

「ファクタリング」と呼ばれる債権の買い取り契約を装ったヤミ金業者が摘発された事件で、大阪府警生活経済課は23日、貸金業法(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の疑いで、ヤミ金業者の実質経営者とみられる東京都中野区中央、会社員、天晶(あまあき)誠秀被告(32)=貸金業法違反罪などで起訴=ら2人を再逮捕し、新たに男女5人を逮捕した。

■利息50倍を受領か

府警によると、天晶容疑者ら2人は東京都中野区の「みかど企画」と「クレイ キャピタル」の実質経営者とみられ、5人は両社の従業員。7人のうち2人は「ファクタリングなので貸金とは違う」などと容疑を否認。天晶容疑者も一部否認しているという。

逮捕容疑は、昨年3~9月、無登録で貸金業を営み、滋賀県内の会社会長ら2人に現金計60万円を貸し付け、法定利息の40~48倍となる利息計25万円を受領したなどとしている。

 高金利の貸金業を営んだとして、大阪府警生活経済課は29日、出資法違反の疑いで、東京都千代田区の貸金業「エムピーシー」元社長、佐藤亮平容疑者(33)ら男3人を逮捕したと発表した。同社は正規の登録業者で、175社に計約6億8千万円を融資していたとみられ、府警が実態解明を進める。

府警によると、「ファクタリング」と呼ばれる債権の買い取り契約を装ったヤミ金業者の捜査の過程で、同社の存在が浮上したという。

逮捕容疑は、昨年4月中旬、都内の建設会社経営の70代男性に50万円を貸し付け、法定利息の5倍となる利息3万7千円を受領したとしている。3人は「法定で請求できる範囲の利息だと思っていた」などと容疑を否認しているという。

2017年に報道されたファクタリングを装う貸金業法違反や出資法違反による事例をまとめてみますと

  • 東洋商事及び城南ファンディング
  • MINORI
  • みかど企画
  • クレイ キャピタル

というグループを運営していた

  • 三浦和仁(36歳)
  • 山口顕(32歳)
  • 前田賢一(32歳)
  • 天晶誠秀(32歳)
  • 渡辺智也(32歳)

といった30代を中心とした8人が逮捕されました。

ちなみにもっとも年長者となる三浦和仁容疑者に至っては過去に新宿でヤミ金融会社「ファミリア」を経営しており2003年に逮捕された履歴もあります。

つまり元闇金融業者がファクタリングサービスを装って高金利の融資を故意的に行っていたことはいうまでもありません。

そしてもうひとつの逮捕事例となる佐藤亮平の運営する「株式会社エムピーシー」はキャッシング業務を行う貸金業ですが、ファクタリングを装い上限金利の5倍となる高金利で融資を行い出資違反の容疑で逮捕されました。

したがって元ヤミ金融グループ及び貸金業者がファクタリングを装い高金利での融資を行って摘発されてといえるでしょう。

ファクタリングは貸金業ではなく売掛債権の売買

ファクタリングは貸金業ではない

お金を貸し金利が発生することになる

  • 銀行の融資
  • クレジットカードのキャッシング
  • 消費者金融からの借り入れ
  • 不動産担保ローン
  • 手形割引

といった業務を行うビジネスは貸金業者としての登録が必要となります。

そのため無許可で貸金業を運営すれば貸金業法違反で摘発されることになるのです。

しかしファクタリングは売掛債権の買取となるため貸金業ではありません

ファクタリングではノンリコース(償還請求権なし)という、たとえファクターが買い取った売掛債権が取引先から支払われなかった場合でも譲渡した企業には支払いの義務が及ばない債権の売買なのです。

つまりファクタリングは売掛債権の売買であり、金利や返済といった貸金業としての概念はありません。

ただ売掛債権の買取は貸金業ではありませんが、ABLという売掛債権を担保にする融資の場合には当然、貸金業者でなければ違法行為となります。

ファクタリングは貸金業ではないが審査によっては高い手数料となる

悪徳ファクタリング会社の法外な手数料

貸金業における融資の上限金利は

  1. 元本が10万円未満の場合は、年20%まで
  2. 元本が10~100万円未満の場合は、年18%まで
  3. 元本が100万円以上の場合は、年15%まで

といったように法律で決められていることはご存知かと思います。

当然ながらこの上限金利を超える高金利で融資をすれば出資法違反になるでしょう。

しかしファクタリングは融資ではなく売掛債権の買取となり金利はありません。

たとえば500万円の売掛金をファクタリング会社が買い取る場合には2社間ファクタリングで20%の手数料となることがあります。

つまり500万円の売掛債権を400万円で現金化されることになるのです。

このファクタリング手数料は方法によって大きく異なってきます。

2社間ファクタリングの手数料の相場は5%~50%とほとんど決められているものではないと考えていいでしょう。

ではこのファクタリング手数料はどこで決められるのかといいますと売掛債権を持つ依頼企業と取引先となる企業の審査に委ねられることになるのです。

その審査の結果、ファクタリング手数料が30%以上となることもありますがファクタリング手数料の上限に関する法規制はないため法律に違反した行為ではありません

ファクタリングを利用してキャッシュフローを改善したい中小企業にとってこのファクタリング手数料は法外な数字に思われる方も少なくありませんが、ファクタリング会社は独自の審査によって売掛債権の価値を判断しているため手数料はリスク相応の数字となるのです。

ファクタリングを装ったヤミ金融に法規制の動きも

ファクタリングを装った闇金に法規制

結局のところ金融機関によるファクタリングを利用することのできない中小企業は手数料の高い民間のファクタリング会社を利用するしかありません。

そんな民間のファクタリング会社による高い手数料が問題となり法規制の動きもあるのです。

この銀行からお金を借りれない中小企業というのは、言い換えれば消費者金融から借り入れができない多重債務者であり、民間のファクタリング会社はブラックでも融資するヤミ金融と捉えれるのではないでしょうか?

そのため本来であればファクタリングサービスは事業資金を効率的に活用することができる方法とされていたのですが「新手のヤミ金融の温床」となりつつあり、従来の手形・小切手によるシステム金融の新たな手口として法規制されつつあるのです。

ただ現段階においてはファクタリングに関する手数料の上限や規定がない以上、正規の売掛債権買取と違法なヤミ金融を区別することはできません。

その理由は法外な手数料の要因となる売掛債権のリスクというのは価値が決められているものではなく、場合によってはゼロとなる恐れすらあるものでありそれに対して20%、30%の手数料が本当に高いと判断することはできないのではないでしょうか?

スポンサーリンク