資金繰りに困難になり企業がファクタリング、もしくはビジネスローンで融資を受けるというケースも多いといえるでしょう。

銀行などの金融機関による低金利での融資の審査が下りれば良いですが、そういった審査が下りなければビジネスローンやファクタリングなどによる方法で資金調達をしなければなりません。

今の時代、赤字経営や経営状況が悪かったり、資金繰りに困ってしまうということは非常に多く、こういった資金調達方法を選択するというのは珍しくはなく活用されているのです。

そこで根拠となる多くの中小企業が資金繰りに苦しむ理由として、具体的にはどのような理由があるのでしょうか、詳しくみていきましょう。

取引先からの予定されていた入金が遅れてしまうケース

取引先からの入金ずれ

企業が資金繰りに苦しむ具体的な理由にはどういったものがあるのでしょうか?

まずは取引先の会社に売掛金があり、その予定した入金がさまざまな理由によって遅れてしまうケースがあります。

このように入金をあてにしていたのにも関わらず、入金が遅れてしまうことによって、別のつなぎの資金を調達しなければならなくなってしまうというケースは非常に多いといえるでしょう。

売掛先の入金が遅れている状況に、請け負った工事の資材費等を支払わなければならなくなったり、売掛先の入金がずれてしまい、常に現金がうまく回っている状態でない場合、資金繰りが苦しくなってしまうことがあります。

たまたまキャッシュの手持ちが少なければ、何か外注費や修理費用が発生した場合、それを支払うことが困難になってしまいます。

売掛先からの入金待ちの場合、入金にはタイムラグが生じてしまいます。

資金的に余裕がある企業なら問題はありませんが、経営状況がそもそも厳しい場合、入金を待っている間に、さらに資金繰りが厳しくなることが多いです。

そして事業の規模が大きければ大きい分、差し当たって

  • 仕入れ代金
  • 人件費
  • 燃料費

なども相当なものが必要となってしまいますので、資金繰りが一気に厳しくなってしまうのです。

銀行での融資は審査が厳しい

審査の厳しい銀行融資

企業が資金繰りに苦しむ具体的な理由として、銀行での融資の審査が厳しいという理由も少なくないでしょう。

どこの会社でも銀行などの金融機関と取引を行っており、事業の運転資金を調達しています。

起業をするためには、準備金として銀行の融資を受けることが出来た場合も、その後の追加の融資は受け付けていないということが少なくありません。

特に、起業した最初のうちは、法人としての信頼や実績がありませんし、そういった状態で資金調達は非常にハードルが高くなってしまいます。

起業して間もないうちは、当然ながら設備投資なども必要になってきます。

しかし、新たな貸付が出来ないと銀行側に融資を断られてしまうというケースが非常に多いのです。このため、起業をしたものの、資金繰りが上手くいかなくなってしまうということが増えています。

単純な業績不振

業績不振

企業が資金繰りに苦しむ具体的な理由に、売上不振などの理由があります。

元々中小企業などに関しては、資本が少なく、仕入れや初期投資に費用がかさんでしまい売上が達成できなければ、すぐに資金繰りに苦しくなってしまうということも少なくありません。

いくら高利益の商売であったとしても、それが常に上手くいくとは限りません。

中小企業の場合、事業規模が小さい会社ほど売上によってはすぐに資金繰りに困ってしまうことになってしまいます。

後ろ向きな理由で資金調達をしている

資金調達方法

銀行の融資を受けている経営者の中には、前向きな理由ではなく、後ろ向きな理由で資金調達をしている方が少なくありません。

会社を運営していくために資金調達は必要ですが、赤字を補填するために融資を受けており、常に会社が赤字体質であるというケースもあります。

その場合、まずは会社のそういった赤字を改善することが必須となりますが、会社の赤字経営がそのままで、せっかく調達した資金がすぐになくなってしまうということも多いのです。

いくら資金調達をしても、自転車操業のように、どんどん資金が減っていくということになってしまうのです。

現金がすぐになくなるので、資金調達をしてもすぐにまた資金繰りに困ってしまいます。

そして、借入金が増えてしまうことになりますので、さらに苦しくなっていく一方になることも少なくありません。

一般的には多くの中小企業は資金難である

資金難な企業は多い

日本の会社はその90%以上が中小企業であるということから、一般的に会社というのは中小企業がほとんどです。

そして、倒産件数の大半についても中小の零細企業ですし、経済規模は縮小の一途をたどっているといえるでしょう。

経済規模については、今度大幅な成長を期待することが出来ず、企業が置かれている立場は非常に厳しくなっています。

大企業でさえ、経営不振が相次ぐ中で、明るい未来が保障されているというわけではありません。

特に大きな理由もなく、毎月の資金繰りが厳しいという企業も少なくありません。

こういったことを経営者自身がまずは理解をしておくことです。

そして会社の経営状況を踏まえた上で、ファクタリングをするなり、ビジネスローンをするなりと、キャッシュフローを改善するための行動をしていくことが必要です。

スポンサーリンク