お金を借りる融資とは異なり、ファクタリングは売掛債権の売買となるためお金を借りる方法ではありません。

したがってファクタリングでは売掛金を売却して現金化する為、それを行っているファクタリング会社は貸金業者ではありませんが、中には貸金業者としての登録されている会社も含まれています。

このような会社で行っているのはファクタリングではなく、ABLと呼ばれる売掛金を担保にした融資なのでしょうか?

ABLはファクタリングではなく売掛債権担保融資

売掛金を担保に融資するABL

ABLには貸金業者としての登録が必要

ファクタリングでは売掛金をそのまま手放してしまうので、融資を受けるのではなく、売却代金を受け取るという形式になります。

したがって、ファクタリング業務を行うために必要なのは貸金業の登録はなくても問題ありません。

それに対し、ABLと呼ばれる売掛金を担保に融資を行う業務を開始する場合は有担保融資という扱いになるので、貸金業者でないと行うことができません。

貸金業者で行われているファクタリングはABL

ABLもファクタリングの一種だという考え方もありますが、ABLという独立した資金調達の方法だと考えるべきでしょう。

世間一般的にはファクタリングはあくまで売掛金を売却してしまう形で現金にすることを指します。

ファクタリング会社なのに貸金業者?

貸金業者によるファクタリング

貸金業登録のあるファクタリング業者によるABL

ファクタリング会社には貸金業の登録は必要ないと書きましたが、実は公安委員会による貸金業として登録をしているファクタリング会社も意外と少なくありません。

では、そのようなファクタリング会社が行っているのはABL専門の業務を行っているかと言えば、そうではなく買取によるファクタリングそのものだったりします。

そのような会社はファクタリング会社なのに何故貸金業の免許を所持しているかと言うと、ファクタリングの種類によっては貸金業の免許が必要になることがあるからです。

償還請求権があるファクタリングは融資

ファクタリングには償還請求権(リコース)の有無というものがあります。

この償還請求権が有りの場合には、売掛金を売却して現金にした後でも、もしその売掛金の対象の会社が期日までに倒産するなどして支払われない状態になった場合には、売却益として支払いを受けた現金をファクタリング会社に返却しないといけません。

つまりABLでは売掛金を担保にお金を借りることになり、その担保の価値が失われてしまったとしても借金がなくなるわけではないのです。

この償還請求権が有りの契約になる場合のファクタリングは貸金業務の一種として扱われるので、貸金業の免許が必要になります。

つまり、貸金業の免許を持っているファクタリング業者は償還請求権有りのファクタリングも行っているということなのです。

なぜ償還請求権があると貸金業の一緒なの?

実はこれは正式な決まりではなく、”恐らくそうだろう”という暗黙の了解から、償還請求権が有りのファクタリングを行う会社は貸金業の免許を所持して行っているのが現状です。

何故そのような暗黙の了解があるのかと言えば、2006年に不動産の売買において、同じように償還請求権を付けた形が貸金業法に該当するかという裁判が行われ、最高裁で該当するという判決が出たからです。

ファクタリングで直接争われたことはありませんが、同様に法律的には該当するものとして扱っているのです。

償還請求権の有無で変わりる割引率

異なるファクタリングの手数料

ファクタリング会社側の安心感が違います

売掛金を買い取る側のファクタリング会社側からすると、当然ながら償還請求権が有りのファクタリング契約の方が安心といえるでしょう。

その為、償還請求権有りのファクタリング契約では割引率が無い場合と比較すると信用度が大きく異なってくるのです。

例えば同じ売掛債権の買取でも償還請求権が有るなら売掛金の額面の95%での買い取りとなり、ノンリコースによるファクタリングの場合には80%になるという具合です。

ABLを行っているからではありません

ファクタリング会社によって、この償還請求権が有るファクタリングを扱っている場合、古物商と同時に貸金業者としての登録も行っているということです。

貸金業者として登録されているからと言って、ABLを行っている擬似ファクタリング業者だという訳ではありません。

スポンサーリンク