事業資金が不足してしまった場合、融資やキャッシングでお金を必ずしも借りることが出来るとは限りません。

資金調達の手段として、真っ先に融資が使われますが、これはつまり借金です。

しかし、必ずしも融資の審査が下りるとは限らず、赤字があれば、そもそも融資の審査には通ることはないでしょう。

そこで便利なのが売掛金の現金化となるファクタリングです。

ファクタリングを利用すれば、特に保証人や担保も必要がなく、売掛先さえあれば、資金調達が可能となっています。

ファクタリング業者によっては、最短即日でファクタリングが可能なところも多く、急ぎの場合も、すぐに資金調達が出来たりします。

しかし、ファクタリングによって資金調達をした場合、「もしもファクタリングした先の売掛先が倒産してしまった場合、どうなるのか」という不安を持つ方も多いのではないでしょうか。

取引先が倒産してしまう可能性も、今の時代でも全くないわけではありません。

そこで、ファクタリングした先の会社が倒産してしまった場合についてどうなるのかを具体的に見ていきましょう。

売掛先の会社が倒産してしまうことは珍しくはない

売掛先が倒産するケース

ファクタリングを利用する場合、売掛金の支払いや回収がきちんと出来るのかどうかという点は、非常に難しいところですし、悩みや不安の種であるといえます。

今の時代は、全ての企業や業種、事業者の経営が安定しているということはありませんので、

  • 倒産
  • 破綻
  • 自己破産

といった可能性も考えておくことが必要です。

ファクタリングとはそもそも事業主から取引先に商品やサービスの提供を行い、そしてファクタリング会社から売掛金の支払いがされます。

売掛金の支払いができないことによって、事業主から、ファクタリング会社に支払う売掛金がないことになってしまいます。

支払いについてですが、ただ払ってくださいというだけでは解決できず、さまざまな問題があります。

売掛金が支払えないケース

売掛金が支払えない

たとえば取引先の会社が売掛金を支払うことができないケースに、取引先の倒産があります。

取引先が倒産してしまえば、売掛金の支払いができないのは当然といえるでしょう。

また、それだけではなく、取引先の取引先が倒産してしまう連鎖倒産というケースもあります。

その場合も、売掛金が取引先に入ってこないということになりますので、利用者にも売掛金が入らないことになります。

また、取引先の資金が不足することによって、売掛金を支払うことが出来ないというケースがもっとも多いのではないでしょうか?

このように、倒産以外にも、実はさまざまな状況が考えられますので、これはファクタリングを利用する際の、不安要素であるといえるでしょう。

償還請求権について知っておこう

償還請求権について知る

このようにファクタリングした売掛先が倒産してしまった場合、知っておきたいのが償還請求権という言葉です。

こちらの償還請求権は、取引先、つまり売掛先がもしも倒産してしまった場合に、ファクタリング会社が事業主に対して、売掛金を請求するという行為になります。

こちらの償還請求権ですが、ある場合と、ない場合があり、ファクタリング業者によって異なります。

たとえば、償還請求権は、売掛金を事業主に請求する権利になりますが、

  • 償還請求権がないノンリコース
  • 償還請求権があるウィズリコース

というファクタリングに分類されます。

ノンリコースの場合、もしも、取引先(売掛先)が倒産してしまった場合にも、譲渡代金を請求されてしまうことはありません。

ファクタリングを利用した会社がその費用を支払う必要がないので、不安が少ないのが大きなメリットです。

また、反対に、償還請求権ありのウィズリコースの場合、取引先(売掛先)が倒産してしまった場合には、事業主に支払い義務が発生するというファクタリングになりますので、注意が必要です。

従来までのファクタリングでは、償還請求権があるファクタリングというのが一般的でしたが、最近では償還請求権がないノンリコースのファクタリングが増えてきているのです。

ノンリコースとウィズリコースを比較

ファクタリングの種類を比較

このように償還請求権無しのノンリコースのファクタリング、また償還請求権ありのウィズリコースのファクタリングがありますが、どちらを選ぶべきなのでしょうか。

もしも売掛先の倒産が気になる場合や不安が大きい場合には、ノンリコースを選ぶ事がおすすめです。

万が一のことを考慮すると、ノンリコースの場合、事業主が負債を抱えるリスクがありませんので、当然売掛先の倒産不安があるならばノンリコースを選びましょう。

しかし、常に償還請求権無しのノンリコースが良いとは限りません。

償還請求権無しの場合、リスクは少なくなりますが、ファクタリング業者からすると、未回収リスクが高くなってしまうということもありますので、当然ながらその分手数料は高くなってしまいます。

請求権なしのノンリコースは、利用手数料が高めに設定されていますので、自社状況を考えてから利用をする必要があります。

目の前の費用をとるか、また売掛先の倒産リスクを減らすのかそういった点で、慎重に選ぶ必要があります。

スポンサーリンク