もしも急にお金が必要になってしまい借り入れをするとしたら「銀行」と「消費者金融」のどちらに融資の申し込みをするでしょうか?

この質問を問われれば大半の方は金利が安く安心感のある「銀行」を選択するでしょう。

大手メガバンクや地方銀行では低金利でお金を借りることができる銀行カードローンがあるのに対し、消費者金融からの借り入れは法定利息の上限ギリギリの高い金利となり債務履歴などにも不安がある方は少なくありません。

そのためほとんどの方の回答が「銀行」を選ぶことになるのですが、実際の状況や環境によってはそれが全てとは限らないのです。

このお金を借りるための個人の借り入れだけではなく売掛債権を現金化するファクタリングサービスでも同様に

  • 銀行などの金融機関や大手企業
  • 民間のファクタリング専門会社

といったように分類されています。

ファクタリングの利用を検討している会社経営者の方にとって、銀行や大企業の提供するファクタリングサービスと民間のファクタリング会社のどちらが選ばれているのでしょうか?

銀行などの金融機関によるファクタリングサービスのメリット

銀行のファクタリングのメリット

  • お金を預ける
  • お金を借りる
  • 送金をする

といったお金に関することは基本的に銀行で行うのが常識といっても過言ではありません。

初めてファクタリングを利用される方にとっても都市銀行や地方銀行でもファクタリングサービスは提供されているため「取引のある金融機関で売掛債権を現金化すればよい」と考えるのが一般的といえるでしょう。

確かに大手メガバンクの100%子会社が提供するファクタリングサービスであれば信頼することができるため安心して売掛債権を現金化できることは間違いありません。

そして銀行の融資が低金利なのと同様に手数料も安く現金化することができるのです。

そのため金融機関によるファクタリングサービスを利用したいと考える事業主の方は少なくありませんが、必ずしも売掛債権が銀行で現金化できるとは限りません。

堅実な金融機関のファクタリングは実際は難しい

資金繰りに即日現金化

安心感や信頼度からいえば金融機関や大手企業のファクタリングサービスは間違いないといえるでしょう。

メガバンクのファクタリングサービスといえば

という100%子会社によってファクタリングサービスを提供しています。

といったように大手企業でも売掛債権の現金化は可能です。

そのためファクタリングのシェアはこういった大企業が大半を占めているのかというとそうではありません。

なぜなら金融機関や大手企業によるファクタリングサービスの特徴として

  • 原則的に3社間ファクタリングのみ
  • 銀行融資同様、審査は厳しい
  • 1億円以上といった金額でしか現金化できないところもある

といったようにファクタリングを利用するための条件は難しく手軽に利用することができるサービスではないのです。

したがってある程度の年商のある優良企業以外は金融機関によるファクタリングを利用することができないため、資金繰りに困っている零細企業は対象外といえるでしょう。

そんな銀行や大手企業からは相手にされない中小企業や個人事業主でもキャッシュフロー改善のために売掛金を即日現金化することができるのが、民間のファクタリング会社なのです。

中小企業の大半は民間のファクタリング会社が効率的

ファクタリング会社は効率的

数年前には「アベノミクス効果によって景気が上向きになった」というニュースが流れましたが、それは一部の上場企業だけの話であり大半の中小企業には無縁でした。

つまり長引く不況は今現在も継続しており、毎月の資金繰りに苦労している中小企業の経営者は大勢いるでしょう。

一般的な企業の収入というのは企業間での売掛債権となることが多く、請求から支払期日まで2ヶ月程度もあることは少なくありません。

したがってよほど潤沢な資金のある企業以外は事業資金が不足していまうケースは多くあります

そんな中小企業の資金繰りに役に立つのが支払期日前に売掛金を即日現金化することができるのがファクタリングサービスです。

ただ銀行や大手企業の提供するファクタリングは審査は厳しく、ファクタリングを利用する会社だけではなく売掛先となる企業に対しても厳しい審査があり利用することは困難といえるでしょう。

しかしそんな中小企業や個人事業主でも売掛債権を現金化できるのが民間のファクタリング会社なのです。

では民間のファクタリング会社のサービスの特徴はといいますと

  • 最短即日で売掛金を現金化することも可能
  • 2社間ファクタリングとなるため売掛先に知られない
  • 赤字決済の企業でも現金化できる
  • 少額の売掛債権も現金化可能
  • 法人以外の個人事業主でも利用できる

といったように幅広く利用することができるファクタリングサービスといえるでしょう。

そのため、多くの会社経営者は付き合いのある金融機関ではなく民間のファクタリング会社を利用し事業資金を調達しているのです。

確かに手数料など負担的な部分では金融機関のファクタリングの方が優れていることは間違いありませんが、短時間で資金化できる民間のファクタリング会社のほうがより多くのニーズがあることは間違いありません。

スポンサーリンク