取引先の売掛債権を期日前に現金化する方法として銀行や民間企業による売掛金の買取となる『ファクタリングサービス』が注目されています。

この売掛債権の現金化方法にはファクタリングの他に「でんさい」という方法があることはご存知でしょうか?

でんさいというのは電子記録債権の略語となりますが、全国銀行協会が100%出資している株式会社全銀電子債権ネットワーク(通称「でんさいネット」)を活用した新しい形のデジタルな債権となります。

ではこの二つの売掛債権の現金化方法となるファクタリングとでんさいの違いや共通点について解説していきたいと思います。

でんさいとは手形や売掛債権の問題を克服した金銭債権

でんさいによる売掛債権現金化

でんさいは電子記録債権となりますが2013年から実施された比較的新しいシステムといえるでしょう。

ではこの電子記録債権とは一体どのような内容なのかといいますと、以前から企業が仕入先への支払い方法として現金以外に「約束手形」という

  • 金額
  • 支払期日
  • 振出人

の書かれた紙によって支払いが行われていました。

こういった企業間の決済方法として利用されていた手形をデジタル化したものがでんさいとなるのです。

従来の手形による支払がでんさいになったメリットはといいますと

  • 事務コストの削減
  • 印紙税の負担軽減
  • ペーパーレスによる管理コストの削減
  • 紛失・盗難リスクの削減
  • 必要な分だけ分割可能
  • 期日自動入金

といったように電子化された債権となる利点があります。

そして手形は金融機関による「手形割引」によって期日前に現金化することができたようにでんさいも決済期日よりも前に資金化することができる特徴があるのです。

ではどうように売掛債権の現金化となるファクタリングとでんさいの現金化はどうのような違いがあるのでしょうか?

ファクタリングとでんさいの共通点

でんさいとファクタリングの共通点

事業を営んでいく上で資金はいくらあっても困るものではなく、反対にいつも資金繰りのことを考えている事業主の方も少なくないでしょう。

そんな事業主の方にとっての資金調達方法となるファクタリングは取引先の売掛債権を現金化することができるサービスといえるでしょう。

ファクタリングと手形の進化したでんさいは同様に売掛債権であり事業資金のために期日前に現金化できるという共通点があります。

そのためファクタリングとでんさいは同じように考えている方も少なくありませんが、この現金化することが可能な売掛債権はどのような違いがあるのでしょうか?

でんさいの現金化とファクタリングの相違点

でんさい現金化とファクタリングの違い

ネットワークの違い

でんさいは銀行などの金融機関を通じることによって売掛先と受取企業の債権債務を記録するネットワークを指します。

これは従来の手形での取引を電子化したものであり、でんさいの現金化も可能です。

でんさいはネットワーク上に記録される債権なのに対し、ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社が買い取ることによって現金化するサービスとなります。

したがってでんさいは電子記録債権という決済の手段であり、ファクタリングは期日前の売掛金を即日現金化するサービスという根本的な違いがあるといえるでしょう。

債権に対する保証の有無

確かにでんさいは期日前に現金化することもできるためファクタリングと類似したサービスと捉えることができますが明確な違いがあるのです。

ファクタリングの場合、売掛債権をファクタリング会社に譲渡し買取となる現金化方法となります。

したがって売掛金を期日前に現金化した会社は売掛先の企業が支払いができなかった場合でも債権を売却しているため一切の責任を負うことはありません。

一方、でんさいは原則的に手形と同じ内容となるため「手形の裏書」と同様に振出人が支払いができない場合には裏書人が保証することになるのです。

この債権に対する保証がでんさいとファクタリングの大きな違いといえるでしょう。

最近では大手メガバンクや金融機関によって「でんさい一括ファクタリング(三菱UFJファクター)」といったサービスがありでんさいを現金化したい企業が保証人になることはなく銀行が債権を買い取るファクタリングサービスも登場しています。

スポンサーリンク