事業が赤字になってしまった…という場合には、事業主による資金調達が必要となります。

資金調達の方法ですが、一言で資金調達といってもさまざまな方法があります。

たとえばカードローンによる個人での資金調達もあれば、ファクタリングという売掛金を早期に現金化する方法も有効な事業資金を工面する方法といえるでしょう。

また、大きな負債がなければ、銀行融資や不動産担保ローンなどもあります。

そのほかにも、資金調達のためには「リースバック」という方法があることをご存知でしょうか?

セール&リースバックとも呼ばれていますが、リースバックは、主に現在、企業や法人が所有している

  • 機械
  • 設備
  • 動産

などといったものを、一旦リース会社に売却することによって、その物件をただちにリース物件として賃借するといった方式になります。

そこで、事業資金調達のためのリースバックという方法について具体的に詳しくみていきましょう。

リースバックとは?どういった特徴があるのか

リースバックの特徴

ノンバンクによるビジネスローンや銀行融資に加え、リースバックは資金調達の方法の一つとされています。

企業が保有している資産である、「不動産・機械・設備機器」などといったものを、1度、金融機関やリース会社に売却します。

そののちに、その資産をリース契約で利用し続けるといった、資金調達方法のことをいいます。

したがってリースバックした設備や機械の所有権を譲渡することになり、リース会社から借りて使用を継続することができるのです。

機械・設備・動産などを売却することによって、その売却資金が手元に入ることになりますので、キャッシュフローを改善することが出来ます。

このリースバックという方法を用いることによって、たとえば、そのまま設備機器を使い続けることが出来ます。

たとえば自社ビルなどの動産を売却した場合には、売却金額を資金調達することが出来ますし、それと同時に、リース契約をすることになりますので、賃料を支払えば、そのままオフィスビルを使い続けることが出来ます。

リースバックは、売却することによって、業務が継続できないというわけではなく、リース契約をすることになりますので、実務的な影響というものがほぼ出ないということになります。

一方で、リース契約をその時にすることになりますので、リース料の負担が発生しますし、一定額の支払いをしなければなりません。

また、リースバックの場合、

  • 物件売却
  • リース契約の締結

は、同時に行うのが基本となっています。

リースバックのメリットとは?

メリット

リースバックのメリットとして、事業には支障なくそのまま継続することが出来るというメリットがあります。

リースバックの契約上では、機械・設備・動産を売却することになるのですが、リース契約を同時に行うということもあり、そのまま事業を問題なく継続することができるのです。

また、不動産にしろ、設備機器など、資産を売却することになりますので、一時的にですがお金が入りますので、資金繰りを改善させることが出来ます。

また、資産をスリム化させることが出来ますので、財務メリットも大きいのが特徴です。

融資の審査でも有利になることもありますし、評価が高くなるというメリットがあるといえるでしょう。

また、これらの資産を保持しているとコストというものが発生しますので、固定資産税や、減価償却費などの負担がかかります。

しかし、リースバックを利用することによって、リース代金を支払うことにはなるものの、経費の負担は変動せず、標準化します。

このため、コストの見通しが立ちやすく、経営をする上で計画が立てやすくなるというメリットもあります。

リースバックのデメリットとは?

リースバックのデメリット

リースバックにはデメリットもあります。まず、リースバックは、資産を売却することになりますので、保有をしている時と比較しても、リース料を支払うことになるためコスト高になってしまうこともあります。

リース料が割高であれば継続利用をしていると、コスト高になり、逆に資産が減ってしまう可能性も少なくありません。

また、資金調達のためのリースバックですので、売却価格が周辺の相場よりも安くなってしまう可能性もあります。

将来的に買い戻しを行う事も可能ですが、その費用は売却したときの価格よりも高くなる場合があります。

いずれ買い戻すことができる資金力があれば有効な手段ですが、買い戻すことが出来ないというのであれば、十分に検討する必要があります。

リースバックは、リース料を経費とする事も可能と考えられていますが、一時資金を目的としたリース契約の場合、資金の借入と扱われますので税法上のメリットを受けることができないのもデメリットです。

このため、潤沢に資金がある場合や通常の銀行融資ができるなど余裕資金があれば、リースバックは利用するべきではありません。

事業資金調達としてのリースバックの有用性

リースバックの有用性

事業資金を調達するためのリースバックはさまざまな資金調達の方法がある中でも、ひとつの選択肢としてあげられる手法といえるでしょう。

リースバックによって事業資金を調達することが出来て、資産をスリム化させることが出来たり、経費の負担を一定にすることが出来るというメリットもあります。

契約すれば売却資金が手元に入りますので、キャッシュフローが改善することも大きなメリットです。

しかし、資産を売却することになり、リース料が高額になれば、コスト高になってしまう可能性もあります。

もちろん売却価格が相場よりも安くなってしまう可能性もありますし、買い戻す際には購入した当時の2~3倍にもなってしまうことがあり、買い戻しが不可能になってしまうケースも少なくありません。

また、一時資金のためのリースバックであれば、税法上のメリットを受けにくいという面もあるといえるでしょう。

このように、リースバックにはメリットやデメリットもありますがファクタリング同様、用途やタイミングによっては有効な資金調達の方法なのではないでしょうか?

スポンサーリンク