事業を経営しているが、資金繰りが厳しい、銀行での融資を受けたいけれど、審査が下りずビジネスローンを検討しているという方も多いのではないでしょうか。

事業者向けの融資となるビジネスローンは、審査が大変スピーディーであり、業者によって審査基準が異なっているということもあり、中小の零細企業でも審査が通りやすいのが特徴です。

また、融資までの時間も早く、少額の借り入れならばとてもハードルが低いのもメリットです。

銀行の融資の審査は非常に厳しいため、ビジネスローンによって事業資金を工面している企業は少なくないでしょう。

しかし、ビジネスローンで資金を調達する場合には、いくつか注意しなければならない点があるのです。

そこで、ビジネスローンでの資金調達をする際の注意点や具体的な特徴について詳しくみていきましょう。



企業向けの融資となるビジネスローンとは?

事業向け融資となるビジネスローン

ビジネスローンとは銀行や金融会社が提供をしている、融資の商品の一つとなっています。

ノンバンクによるビジネスローンは銀行の融資と比較して、保証人・担保を必要としないのが大きなメリットで、保証人や担保となる不動産を持っていない企業でも利用しやすくなっています。

さらに、審査のスピードが非常に早いのも特徴です。

融資の限度額が低いということから、主に中小の零細企業が利用をするのに向いています。

銀行融資よりも審査が緩いということもありますし、審査基準がそれぞれ異なるので、急な資金繰りの悪化にも対応できるのが特徴です。

そのためビジネスローンは長期での資金繰りだけではなく、短期の運転資金としても利用されることが少なくありません。

ビジネスローンで借金の補填をするのは危険

ビジネスローンでの借金返済

企業の運転資金としてビジネスローンを利用する際ですが、いくつか注意点があります。

まずは、運転資金の補填という形で、ビジネスローンに頼りすぎないようにするということがとても大切です。

大企業など経営に問題が無ければ良いですが、特に中小企業はキャッシュフローが改善出来ず、長期的に運転資金の捻出が出来ていないような企業の場合には、せっかくビジネスローンで借り入れをしたとしても、借り入れた運転資金では足らず、また新たにローンを受ける必要があるケースが多いのです。

その場合、

  • 銀行融資の返済
  • 事業の運転資金
  • 追加のローンの返済

を借り入れることになりますので、さらに返済が大変になり資金繰りが困難になってしまうでしょう。

元々ビジネスローンは銀行融資と比較しても金利が高いことが一般的ですので、さらに会社経営を圧迫してしまうことに繋がってしまうのです。

ビジネスローンは、審査もスピーディーであり、非常に手軽であると言うことから、運転資金を補填するためについ利用してしまいがちなのですが、後々の返済のこともきちんと考えておかなければ、さらに企業の資金繰りの悪化を招く可能性もありますので、注意が必要となります。

ノンバンクによるビジネスローンは、あくまでも一時的に資金調達をするための方法であり赤字経営を繰り返している場合には、根本的にキャッシュフローを改善することが必要なのです。

ビジネスローンを利用する際にはとりあえずの資金調達ではなく、慎重に考える必要があります。

ビジネスローンは銀行に悪い印象

悪い印象

また、ビジネスローンで資金調達を繰り返してしまうと、銀行からの印象が悪くなってしまうリスクがあります。

ビジネスローンは、元々、銀行融資が受けられないような会社への融資であるということもあり、銀行からの印象が悪くなってしまうことがあります。

ノンバンクは貸金業者として信用情報機関に加盟しており、ビジネスローンを利用すれば銀行にも

  • 返済状況
  • 借入額
  • ノンバンクの会社

といった情報は流れることになるのです。

したがって銀行から将来的に融資を検討しているのであれば、ビジネスローンを借りていると、融資を受ける際には不利になってしまうこともあります。

また、銀行から既に融資を受けている場合にも、最悪の場合にはそれらの銀行からの融資が打ち切られてしまうこともあるのです。

また、銀行による貸し剥がしにあってしまうというリスクもありますので、十分に注意をするようにしましょう。

ビジネスローンは審査は簡易的だが必ず通るわけではない

ビジネスローンでの審査

ビジネスローンは、銀行の融資と比較すると、審査なども簡易的であるとされています。

しかし、ビジネスローンの審査は緩いと考えられていますが、事業者の返済能力があるかどうか、信用情報機関のデータも照らし合わせてチェックが行われますので、必ず審査に通るというわけではありません。

他社で借り入れがあったり、返済が滞ってしまっているという場合には、審査に通らないということも十分に考えられます。

また、起業を立ち上げてから間もない事業者の場合、審査に通らないこともあります。

ほとんどのビジネスローンは、業歴も審査の項目として重視しますので、業歴は最低1年以上はなければ、審査に通ることは難しいといえるでしょう。

ビジネスローンは、審査は緩いと思われがちですが、必ず審査に通るというものではありませんので、注意をしましょう。

しかし、ビジネスローンは、銀行の融資と比較しても、柔軟に対応をしてくれるケースが多く、業者によって審査基準が異なっています。

このため、一方で落とされてしまっても、一方では審査に通るということもありますので、諦めずに他の業者にも相談をしてみることをおすすめします。



スポンサーリンク