• 事業の運転資金に困っている
  • 銀行融資が下りない
  • ファクタリングする売掛金がない

という方も多いのではないでしょうか。

そういった中小企業が検討しているのが、民間の金融会社でのノンバンクによる融資です。

ノンバンクからの事業向けローンは、基本的には銀行の融資と比較してもその審査基準が緩いと考えられており、銀行の融資が叶わなかった場合に検討されるケースが少なくありません。

ノンバンクによる融資ですが、基準については細かく知られていない部分もありますが、基準を知っておくことで、審査の際には融資が通りやすくなるのではないでしょうか。

そこで、ノンバンクによる融資の審査基準について詳しくみていきましょう。

審査の基準は企業の返済能力が重要

審査では返済能力が重要

ノンバンクからお金を借りるための融資の審査では、どのような項目が重要とされているのでしょうか。

まず、ノンバンクというのは、預金業務を行わない銀行以外の金融機関を指します。

ノンバンクのビジネスローンといってもさまざまなものがあり、たとえば

  • クレジットカードの発行やローンを取り扱っている信販会社
  • 銀行系の消費者金融
  • 不動産担保ローン
  • 自動車ローン

もノンバンクに分類される事を知っておきましょう。

まず、ビジネスローンなどのノンバンクの融資で行われる審査ですが、最も大切とされているのが経営者・会社の返済能力が重要となっています。

銀行などの金融機関と比較すると審査が緩めとされているノンバンクでのビジネスローンなどの融資でも、けして返済能力がない企業には融資をすることはしません。

経営者が過去のクレジットカードやキャッシングでの債務履歴に問題があったり、税金の滞納があれば、融資は下りないケースが多いです。

反対に返済能力が認められれば、逆に審査は通ることが多いので、もしもカードローンなど、他社で借り入れがあれば、完済をしてから申し込みや審査を受けるように心がけましょう。

たとえば、キャッシングの利用歴、返済状況は細かく見られますし、信用情報機関で調査されることになりますので、これらはチェックされることになります。

1度、現在の借り入れや返済状況を見直してみることが大切です。

その他の審査でチェックされるポイントとは?

審査のポイント

ノンバンクの融資においても、返済状況については第一にチェックされ、返済能力が無ければ、審査は通らないことが少なくありません。

このように経営者の信用情報はもちろんですが、そのほかにも、ノンバンクによる融資の審査基準にはいくつかのポイントがあります。

まずは、申込者の事業の内容や、業歴の長さなどもチェックされることになります。

創業の長さですが、主に業歴はノンバンク系なら最低でも1年、銀行なら2年以上なければ審査に通ることは難しいと考えられています。

ビジネスローン専用の金融機関であれば、今後の事業の将来性などを重視して、融資してくれるケースがありますが、基本的には融資を成功させることは難しいと考えておいた方がよいでしょう。

このため、会社を起業して1年未満の場合には、ファクタリングなど、ビジネスローン以外を検討した方が良いかもしれません。

また、審査では決算書・確定申告書の内容なども細かくチェックされることになります。

書類の作成なども完璧に行っておくことで、審査結果なども早く知ることが出来ますし、良い印象を与えることが出来ます。

良いお付き合いが出来る会社かどうかなどもチェックされますので、書類は100%完璧に用意をしておくようにしましょう。

経営者の人柄も重要となる

ノンバンクによる融資の審査基準ですが、返済能力があるかということはもちろんですが、そのほかにも、経営者の人柄もチェックされることになります。

信頼できる人物かどうかという点でもチェックされていますので、電話でのやりとりに関しても、きちんとした印象を与えることが出来るように工夫をすることが大切となります。

人柄や、真面目さなどで最終的に審査の可否が決まることもありますので、対応も慎重に行いましょう。

銀行の融資とは異なりノンバンクの審査基準はそれぞれ

ノンバンクでの審査基準

銀行の融資の場合、審査基準はそれぞれの銀行が同じですので、経営状況が厳しい事業者にはなかなか融資をしてくれないのが特徴となっています。

しかし、それに対し、ノンバンクは各社が、それぞれ独自の審査システムと基準を持っているというのが特徴です。

このため、一つの会社で断られてしまった融資が、他の会社で審査が通るということも珍しくはありません。

もしも、一つ目に融資を断られてしまっても、別のところでは、融資が可能ということもありますので、諦めずに相談をしてみることがおすすめです。

ノンバンクの審査は、銀行と比較しても柔軟に対応をしてくれることがほとんどで、切羽詰まっているという状況でも、違法業者ではなく、複数の業者に相談をすれば、審査にとおるということも珍しくはありません。

特に、ビジネスローン専門の業者の場合には、赤字となっていたり、その経営状況に問題があったとしても、将来性を判断し融資を前向きに検討してくれることが多いです。

このため、融資のチャンスはありますので、諦めないようにすることがポイントです。

ビジネスローンランキング

スポンサーリンク