さまざまなファクタリング業者がありますが、三菱UFJファクター株式会社のファクタリングサービスは、「三菱東京UFJ銀行」の直系のファクタリング会社として知られています。

日本国内最大のメガバンクとして圧倒的な知名度があるという点で、信頼感は抜群ですが、ファクタリングのサービスとしてはどのような特徴があるのかはそれほど知られていないといえるでしょう。

ファクタリングサイトの三菱UFJファクターですが、創業からの歴史が長く、会社規模が非常に大きいのが特徴となっています。

圧倒的な資金力があるファクタリング会社ですが、ターゲット層としては主に上場企業がターゲットとなっているためほとんどの中小企業は対象外といえるでしょう。

さらに早期でのファクタリングには向いておらず、数千万~数億円の売掛債権の持ち込みをする事が出来る企業などを対象としているのが特徴です。

では大手ファクタリング会社の三菱UFJファクターのその他の特徴について詳しくみていきましょう。

創業40年以上の実績を誇り資本力がある

長い創業年数と豊富な資本力

三菱UFJファクターの特徴として、

  • 創業から40年以上の実績
  • 圧倒的な知名度
  • 莫大な資本力

という点が挙げられます。

老舗であるということもあり、豊富な実績があります。

三菱東京UFJ銀行という最大規模のメガバンク系列であるという事からも、利用をする際に非常に安心感があるのが特徴となっています。

多くの民間ファクタリング会社が存在しますが、三菱UFJファクターほどの歴史と認知度がある会社はそれほど存在していません。

名の知れたファクタリング会社ですので、非常に安全に利用をすることが出来て、信頼性は抜群となっています。

その資本金は、20億円であり、従業員数470名となっています。

一般ファクタリング会社には、中小の民間企業が多いのですが、規模としては、それらの数十倍を誇っているのが特徴です。

メガバンクであるからこそ審査は厳しい

ファクタリングの審査は厳しい

三菱UFJファクターによるファクタリングサービスの特徴ですが、メガバンク系列ということもあり、審査は大変厳しくなっているのが特徴です。

審査においてはどういった点が重視されるのかというと、自社の内容に合わせ、

  • 売掛先の信用度
  • 資金繰り
  • 決算内容

などの書類なども必要とされます。

原則的に三菱UFJファクターでは3社間のファクタリング契約が基本となっていますので、売掛先も含めた三社での契約が必要となります。

ただし、三菱東京UFJ銀行と取引がある場合には、柔軟に対応をして貰える可能性もあります。

急場の資金調達には適していない

三菱UFJファクターでは、ファクタリングの申し込みから資金の振り込みまでに時間がかかってしまうという特徴があります。

最低でも2週間程度、そして1ヶ月程度長ければ必要となることも少なくありません。

したがって急に資金が必要となり売掛金を現金化する場合には、対応が難しいので注意が必要となります。

さらにメガバンクということもあり、審査はとても厳しくなりますので、最低でも2週間は必要となります。

つまり急ぎの資金調達には向かないといっても良いでしょう。

数千万円~数億円の売掛債権でなければファクタリングできない

三菱UFJファクターは、基本的には、数千万円~数億円単位の売掛金の持ち込み金が出来る企業をターゲットとしているため、中小企業が利用をするのには向いていないといえます。

メガバンク直系ということもあり、審査条件は、銀行の融資と同じぐらいの厳格さがあります。

まず、3社間のファクタリングというのが前提となりますので、売掛先への債権譲渡承認が必須となります。

また、登記も必要となりますし、それらの書類の提出なども求められますので、とにかく手間がかかってしまいます。

そもそも、数百万円レベルの少額の場合には、ファクタリングをして貰えないことが多いので、巨額の買取でない限り、利用をするメリットは少ないといえます。

つまり一般の中小企業では三菱UFJファクターは対象外と考えた方がいいでしょう。

ターゲットは上場企業や大企業

上場企業や大企業

三菱UFJファクターですが、ターゲットとしては、資本金が一億円以上の大企業となっています。

また、巨額の金額の買取を行っているという特徴もありますので、大きな金額を調達したい大企業が利用をする場合によく利用をされているという特徴があります。

また、三菱USJファクターは、主にメインとして三社間ファクタリングをしているということもあり、上場企業の売掛先があるという企業に向いています。

主にターゲットは大企業であり、数百万円レベルの少額であれば、ファクタリングは取り扱って貰うことは出来ない可能性は高いです。

このように、大企業をターゲットとしているファクタリングサービスとなっていますので、中小経営者には全く向いていないといえるでしょう。

メガバンク系ファクタリングサービスであること

三菱UFJファクターはメガバンク系のファクタリングサービスということもあり、民間では実現をする事が出来ないような信用力と、資金力があるのが特徴となっています。

金融機関が出資する銀行系ファクタリング会社の中でも特にメガバンクは最大手といえるでしょう。

しかし、その引き換えとして、小回りが利かないというデメリットがあり、柔軟に対応をして貰うことができるのかというとけしてそうではありません。

もしも、数百万円の少額のファクタリングを望むのであれば、中小企業を対象とした、ファクタリングサービスを利用した方が、早急に対応をして貰うことが出来ます。

スポンサーリンク