経済産業省中小企業庁でも中小企業の資金繰りを改善するために不動産担保に過度に依存せずに資金調達ができるよう、売掛債権担保融資保証制度を創設し推進しているようにファクタリングサービスは浸透しつつあります。

もちろん業種や業務形態によって利用することが可能なファクタリングサービスは異なってきますが、最近では

  • 介護報酬
  • 診療報酬
  • 調剤報酬
  • 自立支援給付費

といったように専門分野に特化したファクタリングサービスが増えてきました。

この特化型のファクタリングサービスの特長としては

  • 専門分野となため高い買取率を実現
  • 経験や実績が豊富
  • 迅速な手続きとなるためスピード現金化が可能

といったメリットがあります。

そんな特化型のファクタリングサービスに業界初となる『広告業界限定となる支払い代理サービスペイブリッジ』が登場しました。

ではこの広告業界に特化した売掛債権及び請求書の買取となるペイブリッジとはどのようなサービスとなるのでしょうか?

ペイブリッジによる請求書買取率最大95%

請求書買取率最大95%

売掛債権の現金化となるファクタリングサービスにおいて利用する事業主の方がもっとも気になるのが「手数料」なのではないでしょうか?

通常の独立系ファクタリング会社では20%以上の手数料がかかることも少なくありません。

そんなファクタリングでの手数料においてペイブリッジでは請求書の買取となるため、手数料ではなく買取率で表現されることになります。

ではこのペイブリッジでの請求書の買取率はといいますと、請求代金の最大95%での現金化が可能なのです。

つまり500万円分の請求書をペイブリッジによって現金化した場合、最大で475万円での買い取りとなるため通常のファクタリングよりも負担は少なく資金調達することができます。



2社間による請求書の現金化となるため短時間での現金化が可能

短時間での即日現金化が可能

ペイブリッジによる売掛債権のファクタリングは平均的な入金サイトが2ヶ月から3ヶ月と長い広告業界の請求書の現金化となります。

そんなペイブリッジでは売掛先となる広告会社やクライアントに現金化をしたことが知られることにない2社間ファクタリングを主体としており、スピーディーな現金化によって資金繰りを改善することができるのです。

そのためペイブリッジでは通常のファクタリングとなる売掛債権の現金化とは異なる「支払い代理サービス」という売掛先からの入金を一時的に代理するつなぎ資金としてご利用いただいております。

したがって請求書が発行されれば支払いの代理が実行されることになり短時間で現金化することが可能なのです。

創業8年の実績のあるトップ・マネジメントによるファクタリング

創業8年の実績による安心感

広告業界の請求書の買取となるペイブリッジというサービスは都内でも大手のファクタリング会社となる株式会社トップ・マネジメントが提供するサービスです。

トップ・マネジメントでは少額の売掛債権でも買取が可能となる幅広い企業や個人事業主を対象してファクタリングサービスを提供しており、創業以来5,000件を超えるファクタリングの実績のある会社となります。

そんなトップ・マネジメントが広告業界に特化した新しいスタイルのファクタリングとなるペイブリッジを導入し、より便利に事業資金を工面することができるのではないでしょうか?



スポンサーリンク