クイックマネジメントは、最短で即日対応を行っているスピード重視のファクタリング業者の一つとなっています。

保証人や担保が不要、そして法人経営をしている経営者のみならず、個人事業主にも対応をしているというのが特徴です。

ファクタリングによって、「売掛金の即日現金化をしたい」という方には、すぐに資金調達をする事が出来る便利な業者といえるでしょう。

  • 銀行融資を断られてしまった
  • また会社を設立してまもない
  • 支払いが追いつかない

という時にも、利用が出来るのが「クイックマネジメント」です。

個人事業主も利用が出来るということで、少額からの利用が出来るという点でメリットがあります。

小口から、大口まで対応をしている、ファクタリングサービスを提供しているクイックマネジメントですが、具体的な特徴について見ていきましょう。

個人事業主にも対応、小口から大口まで利用可能

「クイックマネジメント」は、個人事業主の場合も対応が可能となっていて、資金調達をする事が出来るのが特長となっています。

まず、一般的なファクタリング業者の場合、利用可能額が決められていて、最低でも50万円~とされているのが一般的です。

しかし、クイックマネジメントのファクタリングサービスというのは、利用下限がありません。これが大きな特徴となっています。

また、大口の取引も可能で、債権額5,000万円まで買取が可能となっています。

つまり個人事業主から、比較的、事業規模が大きい企業まで、幅広く利用をすることが出来る、ファクタリング業者の一つとなっています。

個人事業主などを含めた、個人商店から、中小企業の経営者まで、幅広く利用が出来るファクタリングサービスですので、今後も需要が伸び続けていくのではないかと考えられている業者です。

さまざまな売掛金にも対応!医療債権でも可能

クイックマネジメントは、小口の取引が可能で、さまざまな売掛金にも買取が可能となっています。

一般的な売掛金はもちろんですが、クイックマネジメントでは、医療法人化されていない、医療債権の買い取りも可能で、法人化されていない個人事業主の方をも対象としています。

また、そのほかにも、

  • 運送業
  • 美容関係
  • 人材派遣業

と職種などの方も利用をしているようです。職種や、個人事業主、法人と問わずに、下限無しで利用することが出来るのも特徴です。

まずは、無料相談をすることも可能となっています。

メインは2社間ファクタリング

2社間でのスピードファクタリング

クイックマネジメントは、メインとして、2社間ファクタリングを奨めています。

ファクタリングでは、2社間、3社間ファクタリングと分かれていますが、こちらのクイックマネジメントでは、どちらも選ぶ事が出来て、それぞれメリットがあります。

2社間ファクタリングを利用することによって、取引先にファクタリングを知られることなく、実行できるというメリットがあります。

原則、通知や連絡などもありませんので、秘密にファクタリングをしたいという方にもメリットがあります。

3社間ファクタリングも可能

メインとして、2社間ファクタリングを行っているクイックマネジメントですが、3社間ファクタリングも可能となっています。

その場合、売掛先の方と3社で契約をするという形になりますので、手数料が安くなり安いですし、交渉も可能なケースが多くなります。

最短30分で入金が可能となっている

最短30分での入金

ファクタリングの「クイックマネジメント」は、最短30分での入金が可能となっています。

最短の取引を実行しており、即日でファクタリングで資金を調達することが出来るのが魅力となっています。

たとえば、これが銀行の融資ならばかなりの時間がかかってしまいますし、早いケースでも2週間程度はかかってしまうとされています。

しかし、クイックマネジメントならば即日で資金調達が可能なので、今すぐにでも資金調達をしたいという場合に、利用が出来るのがメリットとなっています。

ファクタリング業者の中には、即日審査が可能なファクタリングはありますが、振込自体は、翌営業日以降というところも少なくありません。

クイックマネジメントは、最短30分での現金化取引をキャッチコピーとしていますので、その取引のスピードの早さは期待できるといえます。

実際はデメリットもあるので注意が必要

クイックマネジメントは、このようにファクタリング事業者の中でも、最短30分が売りとなっていますが、スピード入金にはいくつかデメリットもあります。

ファクタリングの比較サイトでの口コミでは、「即日30分以内の入金はできなかった」という口コミもありますので、要注意です。

また、急いで審査を行うことで、後々の契約トラブルに繋がってしまうこともありますので、注意をしましょう。

契約が後から破談となってしまうということもあるようです。

また、クイックマネジメントは比較的設立が新しい会社ということもあって、情報がやや少ないので、入金時間も不透明な部分があります。

このため、あまりキャッチコピーを信用しすぎないように注意をしましょう。

スポンサーリンク